2020年01月29日

カタルーニャでいま起きていること 古くて新しい、独立をめぐる葛藤

カタルーニャでいま起きていること――古くて新しい、独立をめぐる葛藤 - エドゥアルド・メンドサ, 立石 博高
カタルーニャでいま起きていること――古くて新しい、独立をめぐる葛藤 - エドゥアルド・メンドサ, 立石 博高

カタルーニャの人が書いてる本だから独立派側から見た内容かと思いこんでいたら、実は独立反対派による意見書であった。むしろ訳者あとがきも含めて、ここまでアンチ独立派な観点から書かれた日本語の文章は初めて見たというレベルでごりごりに反カタルーニャ・ナショナリズムな内容で、その意味でおもしろい一冊だった。独立派の偏狭さや独善性、反カスティーリャ(つまり反スペイン)的な心性など、よくもまあこれほどまでにと思うくらいにわりとまじで独立派の批判ばかり。これはこれで新鮮ではあったか。

まあそんななので、昨今のカタルーニャ情勢に興味を持った人がタイトルにひかれて理解を深めるべく読もうとするには不向きな本だとは思う。上記のほかにも、原著の出版が2017年(10月以降)、邦訳版の出版でも2018年11月であり、そこから1年以上をかけて事態はさらにその先へと推移しているのが現状なので。くわえて、そしてなによりの問題点として、原著者の言い分には客観的な根拠がろくに示されていない。あくまで自分の体験および記憶ではこうだったという話でしかなく、その感覚がどこまで現地における一般的なものといえるのか、いっさい不明(この辺は、いちからの説明を必要としない当事者たちがもともとの対象読者だったからもしれないけど)。遠い日本の人間としては、この本を読むよりは、まず表層的にであれ事態の推移を追い、独立派および独立派に対するスペイン政府与党(当時は国民党)のスタンスを知り、そのうえでなら、こういう意見もあるのねと参考にできるかもしれない。そのくらいの位置づけの本ではないかと思う。

とはいえ、こうした意見が出てくるにはそれ相応の現地の空気もあったのは事実であって。この本はわりと偏ってると思うけど、その反対側にはまた別のこうした見方もあるというのの参考までに次の記事へのリンクを貼っておいてみたり。
→【識者に聞く】カタルーニャ独立問題はバルサをどう変えるのか?
https://www.soccer-king.jp/news/media/wsk-news/20180423/747014.html
こちらも中立性には欠けると思うので、あくまで参考程度にするのがよさそうではあるけれど。こうした立場へのアンチがこの本の内容なのね的な感じで。

それと、上でも書いたけど、現地の情勢はそこからさらに推移してる。独立派に強硬な態度を取る国民党から社会労働党への政権交代、起訴された政治家・市民運動家らへの実刑判決、逮捕状を出された独立派政治家の一部に対する欧州議会議員資格(不逮捕特権あり)認定、独立派政党の間接的な協力を取り付けたスペイン政府成立など、さらなる展開を見せているので、興味を持った方はぜひ続報を追ってみるといいと思います。日本語だとまともな情報がろくに出てこないので、英語やスペイン語(カタルーニャ語もいいと思う。自分はさっぱりだけど)のソースにあたる必要があるけれど、めちゃくちゃ気になる展開がつづく出来事ではあるので。自分も、昨年末くらいからあまり最近の情報を追えてないので知識のアップデートを図らねばと考えているところ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 02:38| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月16日

おっさん冒険者ケインの善行(3)

おっさん冒険者ケインの善行(3) (ガンガンコミックスUP!) - 風来山, 沖野 真歩, すーぱーぞんび
おっさん冒険者ケインの善行(3) (ガンガンコミックスUP!) - 風来山, 沖野 真歩, すーぱーぞんび

今回も主人公の面前よりも主に視界の外で主人公のことで盛り上がるヒロインたちのにぎやかさが楽しい話であった。特にアナ姫。主人公の目の前に立たずしてすっかり物語の駆動役を果たしてる感すらあるんだけどどういうことなの……。ラストの頼もしさはさすがだけど、事の発端は割とアナ姫なんだよなあ。全部知ってるパーティーのまとめ役マヤさんは頭が痛そうではある。最強系ポンコツキャラのかわいさですよな。いっそ見守る境地に移行してくると、ほほ笑ましい感じにながめていられるようになるかというところ。

まあ、当の本人にはヒロインたちの気持ちはまったく届いてもいないのがまたポイントなんですけど。年の差もあり、自分たちだけで盛り上がってるヒロインたちがほほ笑ましい印象になってくる、安定の人のいいおっさん主人公なのであったという。この安心安全感が読んでて安心感につながってるところはあると思う。ちょっとエッチなハプニングはありつつも全体的にほほ笑ましい印象は崩れないからすごいというか。ただ、今回の新ヒロイン、いかにも淫紋みたいなのが登場したのには、そこだけバランスおかしくなってる感があって、「どうして」ってなった。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:29| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

ラノベ人気投票『好きラノ』2019年下期に投票します

https://lightnovel.jp/best/2019_07-12/

前回にひきつづき参加。ただし期間内の対象作品を10冊くらいしか読めていないため、選定基準が甘いのは否めない。

ともあれ、今回投票するのは以下の4作。

電撃の新文芸『Unnamed Memory(3)永遠を誓いし果て』古宮九時
【19下ラノベ投票/9784049123814】
Unnamed Memory III 永遠を誓いし果て (DENGEKI)
1・2巻とラブコメなやりとりを演じまくってくれたふたりが、その空気感もそのままについにゴールイン。結婚にいたるも変わらないラブコメな雰囲気が最高でした。

GAノベル『異世界国家アルキマイラ(2) 〜最弱の王と無双の軍勢〜』蒼乃暁
【19下ラノベ投票/9784815604080】
異世界国家アルキマイラ2 〜最弱の王と無双の軍勢〜 (GAノベル)
忠犬が自身の有用性について空回りして悩んだ末にここ一番で報われることになる。こういう展開がどうしようもなく好きなのでして。

富士見L文庫『神華後宮厨師伝 偽りの天派花梨で邂逅す』真楠ヨウ
【19下ラノベ投票/9784040733425】
神華後宮厨師伝 偽りの天は花梨で邂逅す (富士見L文庫)
後宮において命を狙われながらもさばさばとしてやり過ごし、どこまでもあっけらかんとしてのけるヒロイン公主の姿がたいそう男前であった。

オパール文庫『子づくり温泉 契約結婚なのに、新婚旅行がイチャ甘すぎます!』兎山もなか
【19下ラノベ投票/9784829683804】
子づくり温泉 契約結婚なのに、新婚旅行がイチャ甘すぎます! (オパール文庫)
好き合っているのにお互い気を遣うあまりに遠慮しいしいな関係だったふたりが、お酒の勢いもあっていろいろぶっちゃけてぐっと距離が縮まる瞬間のよさですね。愛すべき夫婦の話。

以上。次にはもっと読んでおきたいが、どうなるかはわからない。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:52| Comment(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

旅する海とアトリエ(1)

旅する海とアトリエ (1) (まんがタイムKRコミックス)
旅する海とアトリエ (1) (まんがタイムKRコミックス)

何年か前に艦これの同人を読んでた作家さんによる商業作品。

女の子ふたりが現地案内役の(これまた)女の子ともどもポルトガル・スペイン・イタリアの3か国を旅してまわる話。

登場する女の子たちそれぞれに事情を抱えながらもそれを感じさせないコミカルな描写は健在で、にぎやかな旅の道中の様子が読んでいておもしろいことで。くわえて、そうしながら交流を深めていく女の子たちの様子がとてもかわいくていいもので。この巻における訪問先がちょうど個人的に興味のある地中海沿いの南欧地域ということもあり、旅先のグルメや観光地の紹介まで含めて、とても面白い一冊でした。次はウィーンとのことで、つづきも楽しみです。

ただ、肝心な旅の目的としては、初手がはずれたことですでにあてをなくしている感があり。ひたすら観光旅行としてはしゃぎまわってるけれど、先行き大丈夫なのかと周囲の人ともども心配にはなってくるところ。ゴール地点の予測がつかない。 
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 10:09| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月19日

やがて君になる(8)

やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)
やがて君になる(8) (電撃コミックスNEXT)

完結。幸せで幸せなラストが素晴らしかった……。

特に、晴れて付き合いだしてからの好意がこれでもかと前面に出るようになったふたりのやりとりの雰囲気とかもう最高すぎましたね。ありがとうございます。ありがとうございます……。

そしてタイトル、燈子先輩は燈子先輩になり、侑は侑になっていく。そのほかにも、何人ものキャラクターたちが何者かを目指し、そこにたどり着けたか(進みつづけられているか)はともあれ、何者かになっていっている。そんなラストの姿を見るにつけて、タイトルを見返したときに感慨深い気持ちにさせられる。本当に、素晴らしいシリーズでした。ありがとうございました。

ノベライズの次巻も気になってくる一コマもあり、本編のマンガは完結しましたが、まだまだ目が離せない作品でありつづけてくれそうで、楽しみなところです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 16:08| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月20日

仕事の後は恋しよう

仕事の後は恋しよう
仕事の後は恋しよう

好きなのに相手に迷惑かけちゃうからって身を引こうとする女の子、大好き。急転直下からの力技なハッピーエンドが実にいい百合作品でございました。

自分がドジで要努力な新米社員であると自覚しているだけに、エース級の先輩の足を引っ張るようなことには強く自戒の気持ちが働いてしまう。だからこそ、先輩のほうから一歩踏みこんできてくれても、うれしく思う気持ちもありながらも、それ以上に拒絶しなければならないという心理に支配されてしまう。そうして、いい雰囲気になりかけてたふたりの関係が深刻なすれ違いに突入してしまう。

いやも本当に、こういう泥沼にはまっちゃったような展開を見せる恋愛物語が大好きなもので。百合でもこういう話が楽しめてたいへんに満足させてもらえました。

メインのふたりが社会人としては精神的に幼めな部分があったので、余計に一途で不器用な恋の話として楽しむことができたようにも思います。そんなふたりを見てらんなくて発破かけたり背中を蹴り飛ばして回ったり、助演女優賞もののアシストぶりを見せてくれたキャラについては、その苦労人ぶりがコミカルでおもしろかったりも。

ラストのおまけがたいへんありがたいご褒美でした。不器用すぎて進展がないのはこのふたりらしくはありながら、たまに異様な行動力を発揮する先輩がとてもらしくておもしろかったというか。ラストのラストはいいぞもっとやれというところ。

爽快感があるかはわかりませんが、内面でぐるぐる迷いまくってじれったいくらいの進行状況なふたりを楽しませてもらえる百合マンガでした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:19| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

シガレット&チェリー(2)

シガレット&チェリー 2 (チャンピオンREDコミックス)
シガレット&チェリー 2 (チャンピオンREDコミックス)

シガレット&チェリー 第2巻 | 秋田書店

一時期1巻が無料になってるのが目について読んでみた作品。

先輩がいい女すぎてつらい。冷静で辛辣なツッコミはやっぱり冴えてるんだけど、失態つづきの後輩にもなんだかんだで甘いところ見せてくれるし、バカでも暑苦しいくらいにアピールしても否定されずに受け止めてはくれるし。気遣いのできる部分が期待をつなぎとめてくれるものだから、ニヤニヤが止まらなくなってしまうところなのであって。

先輩をめぐる金髪ちゃんとの犬猿の仲なやりとりはあいもかわらず低レベルでしょうもないものなんだけど、そんなやりとりを優しい笑顔で眺めてる先輩の口もとがものすごくいいものであった。

というか、後輩くん、なによりもちゃらい態度で認識されてるのね。笑う。まあでもこのバカさウザさはなかなかないレベルだと思うのでわからなくもない。

ちょっとした波乱じみた展開も起きてるけど、この三人の雰囲気が好きですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:20| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来世を誓って転生したら大変なことになった(1)

来世を誓って転生したら大変なことになった: 1【イラスト特典付】 (ZERO-SUMコミックス)
来世を誓って転生したら大変なことになった: 1【イラスト特典付】 (ZERO-SUMコミックス)

前世で主従だったお姫さまと騎士の現代日本転生カップルー! しかも年上ヒロインと年下ヒーローの年の差カップル! やりました、こういうのすっごく好き!

しかも、前世では騎士のハロルドのほうが10歳上だったというのに、現世ではひと回りどころかふた回り近くヒロインのほうが年上になってしまったというのがまたポイントで。再会してあまりに年下化したヒーローの年を聞いた瞬間に、「普通に産めた」年齢差(「頑張れば産めた」ではない)という感想が出てくるのがどうしようもないくらいの設定。

けどこのヒロイン、年齢的には四十を手前にしていながら、とてもかわいいんですよね。特にヒーローがキラッキラの男子高校生であることから、一途なアタックを受けてたじたじになってる様子がそれはもうかわいらしいこと。

前の人生では身分差があって来世を誓い合うしかない関係だったけど、現世ならそんな障害ありませんからね。もともとそれほどの想いを抱いていた男として、運命の相手に再会できたなら、どれほど姿が変わっていても、年齢が開いてしまっていても、その気持ちに微塵も揺らぎがないとわかったら、身を引く選択肢なんてありませんからね。ひたすら押せ押せでアラフォーの心臓に負荷をかけまくってるのがたいへんニヤニヤものな展開でして。

いやもう本当に、姫のかわいさをこれでもかと引き出してくれるハロルドが素晴らしいんですよ。グイグイくるハロルドに押されたり、抵抗を示せば捨てられた子犬のようにしょぼんとしてみせるハロルドにやっぱり押されるがままに年甲斐もなく初々しいカップルぶりを発揮させられて照れまくってる表情がかわいいのなんのって。ハロルドさん、わざと狙ってやってますねって部分もあるけれど、それもこれも姫にはこの上ない特攻効果を見せてくれるので、まさにグッジョブという感じ。

姫のほうからすれば、年齢差は現世での恋においては大きなハンデと感じてしまうし、相手が高校生となれば人目も気にせずにはいられない。けれどハロルドからすれば、そんな迷いすらもが自分のことを慮ってくれるからこその感情であり、それすらもがうれしい気遣いでしかないんですよね。

前世の思い出も含めて、すごく素敵なカップルですよね。とてもいい関係のふたりだと思います。つづきがまじで楽しみすぎるシリーズですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 16:19| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

甘くない彼らの日常は(1)

甘くない彼らの日常は。(1) (KC デザート)
甘くない彼らの日常は。(1) (KC デザート)

甘くない彼らの日常は。 野切耀子|デザート|講談社コミックプラス

正座で弟に怒られるヒロイン、かわいい。それでいてその裏に心配する気持ちがあるとわかるとめっちゃうれしそうだし、弟に抱き着くの大好きな弟LOVEぶり。加えて弟のためにも家計を助けるべくアルバイトしてたりしてるし、これはいい弟思いのお姉ちゃん。そのうえ料理壊滅的ときました。なかなかにポイント高いヒロインですよ?

まあそのアルバイト(校則違反)がバレてしまったのをきっかけにクラスの問題児男子三人の面倒を見ることになっていったりと、少女マンガ的にも楽しい展開になっているのがおもしろいところであり。

誤解されがちだが悪い人たちではない彼らの一面を知っているからこそ親身になって気にかけてはいるけれど、なにかとさぼり癖を発揮する彼らの「世話」にげんなりさせられがちなヒロインの表情がとてもかわいい。人並み以上の苦労人でまじめな部分があるからか、彼らがきちんとクラスになじめるようにあれこれ気をまわして面倒を見ようとする姿はまるでお母さんのようというか。まだ高校一年生なのに、笑っちゃいけないんだろうけど笑ってしまいそうな苦労人ぶり。

けれど、そんな問題児たちも見た目通りのイケメンぶりを発揮する瞬間もあって、ヒロインが本気で困ったときには颯爽と助けに現れたりする場面は、ヒロインのモノローグ通りに、ときめかないわけがない展開で、なかなかにいい雰囲気を感じさせてくれるものがあるんですよね。

中にはクセモノなキャラもいるようなんですけれど、それも含めて、次の巻も楽しみにしたいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:32| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

狼は花の馨り(1)

狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)
狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)

狼は花の馨り1|ダリアカフェ

このヒロインはかわいい。男だけど。

異質な姿で生まれついたせいで幽閉されて育ったために、他人への警戒心が強く、言葉もしゃべれない、まるで獣のような人間、アルタ。けれど、優しく抱きしめ暖かく寄り添ってくれた主人公のイルウェスに懐いてからの姿はまるで飼い犬が主を慕うかのようで。言葉の習得は遅いんだけど、それだけに余計に幼いしぐさで寄りかかってくる姿が愛らしいこと。

それらが長い髪とあいまって、とてもかわいいヒロインにしか見えなくてとてもかわいいという。

白い髪を持って生まれた子どもは「白鹿」と呼ばれて王族と嫁ぐ定めにあるというこの物語の文化圏では、そんなイルウェスとアルタの関係は身分違いのものでしかないのだけど、それだけに、一心にイルウェスを慕うアルタの姿はとてもいじらしいし、アルタが自分から離れていく運命にあることに眉間にしわを寄せて耐え忍ぼうとするイルウェイの心情もとてもいいものでして。

互いに抱く気持ちが恋なのかは、まだ微妙な気もする。けれど、互いの存在を大切に思いあうその発展途上な気持ちの行く末は、気になるところですね。白鹿仲間のパドマ様をはじめとして、ふたりにとっての親しい人はできてきているけれど、味方になってくれる人間ではいなさそうで、なかなか各所との衝突なしにはうまくいかなさそうではありますが、さて。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:25| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。