2019年08月20日

仕事の後は恋しよう

仕事の後は恋しよう
仕事の後は恋しよう

好きなのに相手に迷惑かけちゃうからって身を引こうとする女の子、大好き。急転直下からの力技なハッピーエンドが実にいい百合作品でございました。

自分がドジで要努力な新米社員であると自覚しているだけに、エース級の先輩の足を引っ張るようなことには強く自戒の気持ちが働いてしまう。だからこそ、先輩のほうから一歩踏みこんできてくれても、うれしく思う気持ちもありながらも、それ以上に拒絶しなければならないという心理に支配されてしまう。そうして、いい雰囲気になりかけてたふたりの関係が深刻なすれ違いに突入してしまう。

いやも本当に、こういう泥沼にはまっちゃったような展開を見せる恋愛物語が大好きなもので。百合でもこういう話が楽しめてたいへんに満足させてもらえました。

メインのふたりが社会人としては精神的に幼めな部分があったので、余計に一途で不器用な恋の話として楽しむことができたようにも思います。そんなふたりを見てらんなくて発破かけたり背中を蹴り飛ばして回ったり、助演女優賞もののアシストぶりを見せてくれたキャラについては、その苦労人ぶりがコミカルでおもしろかったりも。

ラストのおまけがたいへんありがたいご褒美でした。不器用すぎて進展がないのはこのふたりらしくはありながら、たまに異様な行動力を発揮する先輩がとてもらしくておもしろかったというか。ラストのラストはいいぞもっとやれというところ。

爽快感があるかはわかりませんが、内面でぐるぐる迷いまくってじれったいくらいの進行状況なふたりを楽しませてもらえる百合マンガでした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:19| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

シガレット&チェリー(2)

シガレット&チェリー 2 (チャンピオンREDコミックス)
シガレット&チェリー 2 (チャンピオンREDコミックス)

シガレット&チェリー 第2巻 | 秋田書店

一時期1巻が無料になってるのが目について読んでみた作品。

先輩がいい女すぎてつらい。冷静で辛辣なツッコミはやっぱり冴えてるんだけど、失態つづきの後輩にもなんだかんだで甘いところ見せてくれるし、バカでも暑苦しいくらいにアピールしても否定されずに受け止めてはくれるし。気遣いのできる部分が期待をつなぎとめてくれるものだから、ニヤニヤが止まらなくなってしまうところなのであって。

先輩をめぐる金髪ちゃんとの犬猿の仲なやりとりはあいもかわらず低レベルでしょうもないものなんだけど、そんなやりとりを優しい笑顔で眺めてる先輩の口もとがものすごくいいものであった。

というか、後輩くん、なによりもちゃらい態度で認識されてるのね。笑う。まあでもこのバカさウザさはなかなかないレベルだと思うのでわからなくもない。

ちょっとした波乱じみた展開も起きてるけど、この三人の雰囲気が好きですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:20| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

来世を誓って転生したら大変なことになった(1)

来世を誓って転生したら大変なことになった: 1【イラスト特典付】 (ZERO-SUMコミックス)
来世を誓って転生したら大変なことになった: 1【イラスト特典付】 (ZERO-SUMコミックス)

前世で主従だったお姫さまと騎士の現代日本転生カップルー! しかも年上ヒロインと年下ヒーローの年の差カップル! やりました、こういうのすっごく好き!

しかも、前世では騎士のハロルドのほうが10歳上だったというのに、現世ではひと回りどころかふた回り近くヒロインのほうが年上になってしまったというのがまたポイントで。再会してあまりに年下化したヒーローの年を聞いた瞬間に、「普通に産めた」年齢差(「頑張れば産めた」ではない)という感想が出てくるのがどうしようもないくらいの設定。

けどこのヒロイン、年齢的には四十を手前にしていながら、とてもかわいいんですよね。特にヒーローがキラッキラの男子高校生であることから、一途なアタックを受けてたじたじになってる様子がそれはもうかわいらしいこと。

前の人生では身分差があって来世を誓い合うしかない関係だったけど、現世ならそんな障害ありませんからね。もともとそれほどの想いを抱いていた男として、運命の相手に再会できたなら、どれほど姿が変わっていても、年齢が開いてしまっていても、その気持ちに微塵も揺らぎがないとわかったら、身を引く選択肢なんてありませんからね。ひたすら押せ押せでアラフォーの心臓に負荷をかけまくってるのがたいへんニヤニヤものな展開でして。

いやもう本当に、姫のかわいさをこれでもかと引き出してくれるハロルドが素晴らしいんですよ。グイグイくるハロルドに押されたり、抵抗を示せば捨てられた子犬のようにしょぼんとしてみせるハロルドにやっぱり押されるがままに年甲斐もなく初々しいカップルぶりを発揮させられて照れまくってる表情がかわいいのなんのって。ハロルドさん、わざと狙ってやってますねって部分もあるけれど、それもこれも姫にはこの上ない特攻効果を見せてくれるので、まさにグッジョブという感じ。

姫のほうからすれば、年齢差は現世での恋においては大きなハンデと感じてしまうし、相手が高校生となれば人目も気にせずにはいられない。けれどハロルドからすれば、そんな迷いすらもが自分のことを慮ってくれるからこその感情であり、それすらもがうれしい気遣いでしかないんですよね。

前世の思い出も含めて、すごく素敵なカップルですよね。とてもいい関係のふたりだと思います。つづきがまじで楽しみすぎるシリーズですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 16:19| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月18日

甘くない彼らの日常は(1)

甘くない彼らの日常は。(1) (KC デザート)
甘くない彼らの日常は。(1) (KC デザート)

甘くない彼らの日常は。 野切耀子|デザート|講談社コミックプラス

正座で弟に怒られるヒロイン、かわいい。それでいてその裏に心配する気持ちがあるとわかるとめっちゃうれしそうだし、弟に抱き着くの大好きな弟LOVEぶり。加えて弟のためにも家計を助けるべくアルバイトしてたりしてるし、これはいい弟思いのお姉ちゃん。そのうえ料理壊滅的ときました。なかなかにポイント高いヒロインですよ?

まあそのアルバイト(校則違反)がバレてしまったのをきっかけにクラスの問題児男子三人の面倒を見ることになっていったりと、少女マンガ的にも楽しい展開になっているのがおもしろいところであり。

誤解されがちだが悪い人たちではない彼らの一面を知っているからこそ親身になって気にかけてはいるけれど、なにかとさぼり癖を発揮する彼らの「世話」にげんなりさせられがちなヒロインの表情がとてもかわいい。人並み以上の苦労人でまじめな部分があるからか、彼らがきちんとクラスになじめるようにあれこれ気をまわして面倒を見ようとする姿はまるでお母さんのようというか。まだ高校一年生なのに、笑っちゃいけないんだろうけど笑ってしまいそうな苦労人ぶり。

けれど、そんな問題児たちも見た目通りのイケメンぶりを発揮する瞬間もあって、ヒロインが本気で困ったときには颯爽と助けに現れたりする場面は、ヒロインのモノローグ通りに、ときめかないわけがない展開で、なかなかにいい雰囲気を感じさせてくれるものがあるんですよね。

中にはクセモノなキャラもいるようなんですけれど、それも含めて、次の巻も楽しみにしたいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:32| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

狼は花の馨り(1)

狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)
狼は花の馨り 1 (Dariaコミックス)

狼は花の馨り1|ダリアカフェ

このヒロインはかわいい。男だけど。

異質な姿で生まれついたせいで幽閉されて育ったために、他人への警戒心が強く、言葉もしゃべれない、まるで獣のような人間、アルタ。けれど、優しく抱きしめ暖かく寄り添ってくれた主人公のイルウェスに懐いてからの姿はまるで飼い犬が主を慕うかのようで。言葉の習得は遅いんだけど、それだけに余計に幼いしぐさで寄りかかってくる姿が愛らしいこと。

それらが長い髪とあいまって、とてもかわいいヒロインにしか見えなくてとてもかわいいという。

白い髪を持って生まれた子どもは「白鹿」と呼ばれて王族と嫁ぐ定めにあるというこの物語の文化圏では、そんなイルウェスとアルタの関係は身分違いのものでしかないのだけど、それだけに、一心にイルウェスを慕うアルタの姿はとてもいじらしいし、アルタが自分から離れていく運命にあることに眉間にしわを寄せて耐え忍ぼうとするイルウェイの心情もとてもいいものでして。

互いに抱く気持ちが恋なのかは、まだ微妙な気もする。けれど、互いの存在を大切に思いあうその発展途上な気持ちの行く末は、気になるところですね。白鹿仲間のパドマ様をはじめとして、ふたりにとっての親しい人はできてきているけれど、味方になってくれる人間ではいなさそうで、なかなか各所との衝突なしにはうまくいかなさそうではありますが、さて。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:25| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

オネエ男子、はじめます。(4)

オネエ男子、はじめます。 4 (花とゆめCOMICS)
オネエ男子、はじめます。 4 (花とゆめCOMICS)

オネエ男子、はじめます。 4|白泉社

最終巻、だと……。前の巻のラストでめちゃめちゃ面白い展開になってたし、まさにここからだと思ってたのに……という気もしたけれど、むしろここで完結するからこその盛り上がりだったのかもしれない?

それくらいに、前回のラストは衝撃的だったんですよね。下手するとあそこからさらに妙な方向に転がってっちゃう可能性もあって、本当にここからどうなってしまうのかと、野次馬的な気になる度が急上昇してしまったくらいで。

とはいえ、そういえば高橋って、おバカだけど目標だけはしっかりしてる男子ではあったかと思わせる急ブレーキぶりは見事であった。

ただし、音鐘さんも別方向で天然なところのある女の子ではあったので、軌道修正かけるにおいても周囲からツッコミ入れまくられないとまた変な方向に流れそうになってたのはもう笑うしかなかったけど。「高橋くん」と「高橋さん」の別人認識が強敵すぎた……。

というか、その誤解が解けたあとも女装姿の「高橋さん」大好きな音鐘さんは実は百合の素養があるように思うのですがどうでしょうか(百合脳)。

というか、誤解も解けたことだし、あの流れからしたら当然ふたり付き合うと思うじゃん? なんで付き合ってないんですかね、あのふたり……。師匠と耀市のツッコミにとてもとても乗りたくてうずうずする。

最後まで、とても賑やかでおもしろいシリーズでした。進展のなさすぎる伊織と杏のふたりとか、もっと見守っていたかった部分もあるけれど、ともあれすごく楽しませてもらったシリーズでした。『水玉ハニーボーイ』のほうも同日最終巻でしたし、作者さんの次回作にも期待したいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 17:06| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月10日

ホテル王はそれを我慢しない

ホテル王はそれを我慢しない【電子特典付き】 (フルールコミックス)
ホテル王はそれを我慢しない【電子特典付き】 (フルールコミックス)

ホテル王はそれを我慢しない | COMICフルール

腹が立って、調子狂わされて、けれどどこか憎めないホテル王。この出会い、悪くない。

経験のない男同士の関係というものに、初めは拒否感しか湧いてこないんだけど、仕事の上では指導も仰げるし信頼できる相手であることがわかってくると、すくなくとも腐れ縁的な友人づきあいは可能になってくる。さらに深く知り合って、真剣な気持ちを向けられると、嫌いではない分なんだかんだで情もわいてくる。そんな受けの心理状態の推移がなかなかにかわいらしくてよかったですね。

初対面からけんかみたいにして出会ったふたりらしく、体の関係はいつも負かし合いのようにはじまるものだから、ムードはあんまりな気もするんだけど、剛腕なホテル王と目つきの悪いホテルマンという、ぱっと見でかわいげのないふたりの関係としてはむしろこれがとてもらしいというか。こういう男同士の関係も悪くないものではありまして。どこまでも腐れ縁っぽいからこそ目が離せなくなるふたりではあったように思います。

絵的にはオフ時とは違った仕事時のアルフの化けっぷりはすごかったですね。酒場が似合う遊び人風のスタイルからアレは想像できませんわ。まあ中身は同じなんだけども。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:11| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

お嬢と番犬くん(1)

お嬢と番犬くん(1) (講談社コミックス別冊フレンド)
お嬢と番犬くん(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

『お嬢と番犬くん(1)』(はつはる)|講談社コミックプラス

26歳が高校一年生やるのは無理があるでしょ。

……とは思うんだけど、すごくおもしろそうな展開になってるからまあいいかってなっちゃんだよなあ。

かたやヤクザの孫娘、かたや組の若頭。なんだか危険なかおりのする組み合わせではあるけれど、むしろふたりの関係を見てると甘酸っぱい雰囲気が漂っているのがいい感じ。その一方で、随所に冒頭の点含めてツッコミが入る掛け合いもおもしろくって。

小さいころから組長である祖父のもとで育てられたヒロイン・一咲。彼女からしてみれば、組の皆は家族のようなもの。けれど一歩外に出た世間はその感覚をすこしも共有してくれるものではなく。家のことを知られてはフツーに友だちを作ってフツーに学校生活を楽しむなんて夢のまた夢。そんな学校生活がいやだったから、一咲は家から距離のある高校に入ることにしたのだったという。

にもかかわらず、入学式にクラスメイトとして現れたのが若頭・啓弥だったりするものだから、ちょっと待て貴様とツッコミを禁じえない流れになる展開。笑う。

この啓弥という男、まぎれもないヤクザ者なので、たまに飛び出すジョークがその気になれば即座にジョークじゃなくなるものばかりなのがおそろしいというか。ほかの人たちにはともかく一咲にだけはそれがわかってしまうだけに気が気でなくなってる様子が笑えるんですよね。しかも、高校生らしい演技もさせればばっちりできちゃうものだから、なまじぼっち歴を重ねてきたヒロインよりもすんなりクラスになじんでいってしまう始末。それらに内心含めてツッコミ入れまくらずにはいられないヒロインの様子がとてもかわいかったですね。

まあでもツッコミ入れるのにしたって、10年来の付き合いのある世話係であることもあって、ヒロインからのやりとりって、啓弥に対してだけものすごく気安いんですよね。クラスメイト相手だと借りてきた猫みたいにおとなしくなってるのに(というよりも無力感に包まれてる感じ?)。

それは、ずけずけと、お互い歯に衣着せない言い合いをしたりしても揺らぐことのない信頼関係がすでにあるからであって。一咲にとっての啓弥はどれだけ兄(的なもの)離れしようとしてもどこかで甘えてしまう相手なのであって、一方の啓弥からしてみれば一咲は大事な護衛対象であると同時に大切な大切な女の子なのであって。

ヤクザとは縁のないフツーの学校生活を送りたいと啓弥への想いも振り切るつもりで遠くの高校を選んだはずなのに、高校でも結局は啓弥に助けられっぱなしになっている自分の無力に落ち込んでいる一咲の様子、たいへんにかわいい。

というかこのふたりの関係性、主従恋愛っぽいんですよね。ヤクザのお姫様とその護衛という関係性。一咲は啓弥に捨てられない想いを抱いていて、啓弥としても一咲は大切な女の子である。ひとりだとダメダメな一咲を啓弥が華麗にサポートしてみせたりするのは主従コメディ的なおもしろさもあるし。いやまあ後半、一咲にほかの男子が近づくたびに厳戒態勢で威嚇しまくってたのは別の意味でコメディチックで笑えたりもしたけれど。

とはいえなんだかんだで過保護なくらいに護ってくれる啓弥に対して、想いを捨てるどころか逆に好意を膨らまされて行ってる一咲さんの様子がたいへんかわいくもあり。とても気になる主従ラブコメだと思います。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:16| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

虚構推理(2)

虚構推理(2) (月刊少年マガジンコミックス)
虚構推理(2) (月刊少年マガジンコミックス)

『虚構推理(2)』(片瀬 茶柴,城平 京)|講談社コミックプラス

現在の彼女を名乗りながら適度に距離を置かれてる琴子と、別れを選択をしたものの未練はある元彼女の紗季さん。ひとりの男をめぐって威嚇したり鋭いツッコミを入れ合ったりして火花を散らす、愉しい楽しい恋のさや当てが本格始動した!

やばい、これ、めっちゃおもしろい。琴子は元カノの紗季さんに対して、現在の彼女としての優位性を(ムダに)誇示しにかかるんだけど、九郎が琴子といる時間を素直には楽しんでないことがうかがえるエピソードばかりで、紗季さんならずともツッコミどころがありすぎて返り討ちにされっぱなしで。けれど、一方の紗季さんも、そうして九郎のタイプの女の子はむしろ自分のほうであることを指摘しながらも、自分自身は別れる以外の選択ができないことを痛感しているがゆえに痛み分け以上にはもっていけない掛け合いの流れ。

そうして、双方に(ムダに)心理的ダメージだけを蓄積させていくという、きわめて不毛なキャットファイトが展開されることになるのであったという。なんという愉快な光景であることか。邂逅後に互いにネットで特定のワードに釣られまくってるところまで含めて笑った。

しかも、その間、間にはさまれているはずの苦労の出番は一切なし。完全に女による女だけの戦いであった。本人のあずかり知らぬところでムダな戦いがヒートアップしているという事実にさらされる九郎の心中やいかに。やー、見てる分には最高に笑える見ものではあるんですけれども。「なにがメエだ」よ、本当にwww

というか、その渦中に現れた九郎的には、そこで琴子をかばう様子が微塵もないのがまた笑えるというか。九郎と琴子の関係って、ひいき目に見ても腐れ縁的な雰囲気にしか思えないところがあるんですよね。ひたすら琴子のほうからぐいぐい寄っていって、九郎のほうでは諦観まじりにそれを受けいれている感じというか。まあその分、遠慮の必要もない関係であることがうかがえて、その点に関しては意外にも悪くはない雰囲気とも思えるのであって。

桜川九郎というキャラも、相当に因果な業を背負わされてるようではあるんだけど、そんなある意味人間じゃない男に熱を上げられる女の子というのは、相当に貴重な存在ではありますよね。とはいえ、すんなり心を許すにはかわいらしさよりもうっとうしさが勝るのが琴子というキャラでもあるんだけど。

それにしても、ジャンルとしてはミステリなのかなと思って読みだしたシリーズですけど、ずいぶん妖怪要素の色濃いキャラの背景になってますね。輪郭の見えてきた「鋼人七瀬」の事件も、怪異譚といったほうがふさわしそうな感じで。色恋方面でも怪異方面でも、先が気になる展開になってきましたねというところ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:47| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キーミスティックアンダーカバー

キーミスティックアンダーカバー (バンブ-・コミックス Qpa collection)
キーミスティックアンダーカバー (バンブ-・コミックス Qpa collection)

表題作の、攻めの変態ぶりにツッコミ入れずにはいられない受けとのやりとりもそれはそれでおもしろかったけど、それ以上に、最後に載ってた短編「千夜めぐり」がよかったですね。

記憶を消されてしまう最後の夜、花向けとして想いを募らせていた相手に抱かれる一夜限りの記憶。そんなシチュエーションで、最後の夜だからと優しくいたわろうとする攻めの男に対して、最後だからこそめちゃくちゃになるまでかわいがってほしいとねだる受けの男娼ちゃんがすごくいじらしいかわいさにあふれてたんですよね。

いつも客の好きにされる男娼だからこそ、最後の夜はそうしていやな気分を味わうことなく、おだやかに過ごしてほしい。そうした気遣いはうれしいものではあるんだけど、なまじ好意を抱く相手だからこそ、そうした気遣いは逆に執着のうすさと映ってしまうわけで。男娼として最後の夜に差し出せる最高の餞別は己の体以外にはない。けれどそれすら欲してもらえないとなれば、それは己の価値はその程度のものでしかないと言われたかのようであって。

最後の夜だからこそ、そんな別れはあまりにも悲しくてやるせない。そう思うがゆえに、自らの手で自分の体を高ぶらせ、相手の男の目の前でいやらしい姿を見せつけることで欲望をふくれあがらせ、いてもたってもいられない気分に駆られるままもむさぼらせる。ペースも考えずにひどくがっつかれて、そうしてやっとうれしげにほほえむ姿は、たいへんにいじらしくてかわいかったです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:23| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。