2016年11月05日

2016年7月の読書まとめ

7月は21冊。先月末頃から急な思いつきで小説を書きはじめてみたはいいものの、そうすると読むほうがおろそかになってしまい、上旬はまったく読めず。それでも中旬以降はほとんど1日1冊ペースが達成できていたので、なかなかいいペースだったのではないかと。ちなみに書きはじめた小説は完成しませんでした。教訓としては、書きだす前にプロットの筋が通っているかちゃんと確認しておきましょうということで。

7月読んだ中からのお気に入りは以下。

[☆☆☆☆]クシエルの使徒(1)深紅の衣
クシエルの使徒〈1〉深紅の衣 (ハヤカワ文庫FT) -
海外ファンタジーより。昔読んだ『クシエルの矢』シリーズの続編。痛みを快感としてとらえてしまう体質の持ち主であるフェードルを主人公に据えた陰謀劇は、何年かごしに読んでも危ういくらいに魅力的で、その世界にひきこまれていってしまうものがありますね。さらに危険度が増して思える陰謀のふところへと飛びこんでいこうとする展開に、ハラハラしながらも続きが気になります。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

2016年2月の読書まとめ

(文章の最終更新:5月26日)

2月は10冊。

うち、お気に入りは以下の2冊。

[☆☆☆☆]エスケヱプ・スピヰド(5)  感想
エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫) -
ライトノベルより。最終決戦に向けて、これでもかとばかりに整えられていくお膳立てのたまらなさですよ。

[☆☆☆☆]灰と幻想のグリムガル(1)ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ  感想
灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫) -
ライトノベルより。こういう文章が読みたかったんですよ。それも、自分が楽しみかたを十分に心得ているライトノベルの分野で。ありがたやありがたや。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

2016年1月の読書まとめ

以下、最終更新3月24日の文章なんで、現状のことを書いてるような部分はそのころのことということで。

1月は10冊。一日辺りの読書ノルマをゆるく復活させてみたところではありますが、成果は出ていると言えるのかどうか。 こちらよりも歴史系の本に対する熱が高まっているこの頃ですが、まあまあこちらもぼちぼち読んでいきたいです。

この月に読んだ中からのお気に入りは1冊。

[☆☆☆☆]天冥の標(7)新世界ハーブC / 小川一水  感想
天冥の標VII 新世界ハーブC (ハヤカワ文庫JA) -
国内SFより。一冊通した面白さというよりはラストで気付かされた事実に対する衝撃で持っていかれた感のある一冊。いやぁ、だって……ねぇ? 未来には希望が溢れてるって、信じたいじゃないですか。ある程度避けがたい問題が見えている近未来ならともかく、人類が宇宙に進出するような遠い未来であればなおさら。それなのに……という。苦しげなうめき声が漏れてしまいそうな読後感。それでもと、希望を願わずにはいられないシリーズです。

ほかに、『最後の魔法使者(1)魔法の使徒(下)』とか『いなくなれ、群青』とかも結構楽しめました。こういう作中の話やキャラクターの雰囲気がいい感じの話はいいですよね。何度か書いてる気がしますが、少し前からこういう作品に小説を読む快さを感じています。

以上、そんなところで。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

2015年の読書まとめ

2015年は79冊。2014年は205冊だったのでめちゃくちゃ減りました。2015年年初に立てた目標の達成度についても、

一、本の感想でできるだけ多くブログを更新する。  →  ライトノベル・本カテゴリで12回、マンガカテゴリで1回、Web小説カテゴリで2回、合わせて14回しか更新できず。

二、新刊に追いつく。  →  遅れが1年半くらいから2年くらいに拡大。

三、読了数では半期に100冊、年に200冊を堅持する。  →  79冊。

という壊滅ぶり。その他、できればというくらいであげていた非ライトノベルレーベルの開拓の方で、ファンタジージャンルならこちらも面白そうなものが結構ありそうに感じられているのはひとつ収穫かなと思うんですが、主要項目のぼろぼろぶりをかんがみると喜んでもいられないという。

さて、そんな2015年、小説読まずにいったい何をしていたんだというと、前年からひきつづき艦これをしてましたということになります。艦これの方の更新頻度も低かったですが、ゲームをしたり二次創作を摂取したりなんだりと、12月をのぞいてはほとんど艦これ中心の趣味生活を送ってたはずです。そっちの方が難航しだすとなおさら本を読む方に影響が出たりもしましたが、艦これをしてるときの楽しさはお気に入り級の小説を読んでる楽しさに匹敵するものではあったんですよ。ただ、一度途切れちゃうと再開するきっかけをなかなか見出だしづらいものでもあるんですが。

それと、意外なところで、お気に入り本の常連でもある『氷と炎の歌』シリーズを読んでいて、期待通りに楽しめないことで読書のペースを崩してしまうということが一、二回あったのは、これはどうとらえたらいいところなんでしょうかというところ。読み終わってから振り返ってみると、面白かったになるんですよ。続きを読まないなんて選択肢は頭をかすめもしないんですよ。それなのに、読んでるときはどうにも物語に入りこみきれずに、疲れてしまって時間のわりになかなか読み進められない。そんなシリーズではなかったはずなんですけど……。ハードカバーで上下二段組みのせいかなー、とか考えてみたりしましたがよくわからないままです。

読んだ本の内訳としては、(自分定義)ライトノベルが49冊で非ライトノベルが30冊。割合的に非ライトノベルが増えているのは年初の目標に沿った傾向ではあるものの、総合的な数が数なのでこれではどっちつかずな状態でしょうか。ともあれ前年との違いをあげれば、海外のファンタジー作品ばかりだったところに日本人作家のものも増えてきているので、うまくバランスが取れるようになってきているかというところ。ただ、日本人のファンタジー作家はかなりライトノベルに偏っているので、今後もこれを維持できるかはわかりませんが。

Web小説の方では、まったく目標通りにいきませんでした。前の年では、2,3か月に一つくらいは紹介したいと思える作品に出会えていたんですが、2015年はそれがまったくといっていいほどなく。感想記事を書いているのは二つともエロなんですよね。しかも、以前読んだところから読みつづけようにも、1年以上間が空くと更新分が何十万字にもなっていたりして。それで以前のわくわくしながら読み進めていた気持ちを忘れていると、もうただひたすら分量の多さが大変としか感じられなくなってしまっている自分がいました。ちょっとしばらく、Web小説を読んでる余裕はなさそうです。

そんな感じで、以下、2015年に読んだ中からのお気に入りを、いつものようにシリーズごとに全部で6つ(うちライトノベルが2つ、非ライトノベルが3つ、Web小説が1つ)。といっても、そんなに数を読めてないので、ほとんど1シリーズ1冊くらいしかないのですが。ともあれ、上からお気に入り順です。

[☆☆☆☆☆]五神教シリーズ 影の王国(下) / ロイス・マクマスター・ビジョルド  影の王国(下)感想
影の王国 下 (創元推理文庫) -
翻訳ファンタジーより。2015年の一番はこれ。このシリーズで描かれる「救い」の熱量は、すさまじいまでの力でこちらの感情を揺さぶってくるんですよね。本当に、素晴らしいシリーズだと思います。シリーズ4作目も、本国では2015年に発売されたようですし、そちらの翻訳も心待ちにしたいです。

[☆☆☆☆]ヴァンパイア・サマータイム / 石川博品  感想
ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫) -
ライトノベルより。語り口や設定の奇抜さでまず注目される作家さんではありますが、その人が正面から青春物語に挑んだときのこのもどかしい心理描写の妙。石川博品のこういう話が読みたかったんですよというまさにずばりの一冊。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌 竜との舞踏(1)〜(3) / ジョージ・R・R・マーティン  第五部1巻感想 第五部2巻感想 第五部3巻感想
竜との舞踏 1 (氷と炎の歌 5) - 竜との舞踏 (2) (氷と炎の歌 5) - 竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5) -
翻訳ファンタジーより。登場人物の拠って立つ足もとの地盤を揺るがすことで安心できない緊張感を生み出すこのシリーズお得意の展開が冴えわたった第五部。いずれ来るだろうと予想はついていてもはらはらと落ち着かない気分にさせられてしまうのだからうまいですよね。さらに、そうして水嵩を増していった流れがついに決壊を迎えるその瞬間の、なにもかもをめちゃくちゃにしてしまう力の発露は、それがだれも抗えぬ圧倒的なまでの暴力であればあるほど、もはや痛快というほかない歓喜を覚えさせてくれます。Khaleesi! やはり彼女は最高です。

[☆☆☆☆]トロイの言葉 〜いつもと同じ彼女のままで〜 / ヘーゼンスキー  感想
(※R18注意)http://novel18.syosetu.com/n7117dg/ (感想記事中のリンクとはURLが変わってるみたいです)
Web小説より。おねショタ・催眠・無反応等々のフェチを詰め込んだ素晴らしい官能小説であり、ラストの展開に衝撃に打たれる驚愕の小説でもあり。

[☆☆☆☆]ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(4) / 宇野朴人  感想
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIV<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫) -  (手持ちの本とは表紙イラストが違ってますが)
ライトノベルより。一話一話、読み終えるごとに満足感を得られる話を通して進んでいく、これは短編小説の面白さですね。次の巻がどうかはわかりませんが、ちょうどこういうのをもっと読みたいと思っているところなのでした。

[☆☆☆☆]夢幻諸島から / クリストファー・プリ―スト  感想
夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) -
翻訳ファンタジー(?)より。その地に行ってみたいと思わせる、そんな魅力あふれる描写もファンタジーのよさですね。

以上です。

最後に、2016年の目標としては、月10冊ペースの読了が現状でどうにかこうにかというところだと思うので、もう少しがんばって月12冊で年間144冊を目指していきたいと思います。

ほかにもやりたいことはいっぱいあるんですが、あんまり頭の中で計画がかたまっていないことばかりなので、今のところはそんな感じで。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

2015年12月の読書まとめ

12月は7冊。この月からまた忙しくなったので減ってる……と思うけど、もともと少ないからそんなに変わって見えない? 艦これにかけてた時間が減って、WoWsに取られる時間が増えて、Web小説読む時間が消えてと、色々差し引きあって、総じて見ると変わってない感じでしょうか。自分でももうよくわかりません。

それはそれとして、前の月の下旬くらいからこの月にかけて、いくつか趣味の上での転機があったように思います。まず、艦これの方は完全にストップして他人の二次創作を楽しむのがメインになっていたり、代わってゲームではWoWsをやる方が主流になっていたり。この辺は、以前書いたとおりですね。小説を読む上では、Web小説を読むのを停止したり、非ライトノベルレーベルのファンタジー作品への興味が増していったり。これについては好みの変化かなと思ってますが、半年以上前から英米のSF・ファンタジー作家やファン界隈の情報を眺めてる影響が出始めてきたのかなーという気もしなくはないです。非ライトノベルレーベルの作品はライトノベルレーベルの作品に比べて設定がしっかり作られているように思えるものが多くて、その点でライトノベルを読んでいて覚えるようになっていた不満があまりないというのもポイントになっているかもしれません。艦これの方であれこれし始めたのも、その辺の、読んでて面白い作品になかなか出会えないから、じゃあ自分で何か書いてみようか的な部分もあったように思います。その点が満たされてるので、なおさら艦これ復帰は後回しにされがちという。Web小説についても同様ですね。なかなかはっきりと、もういいこの作品は切るという判断ができなくて、というか明確につまらなくはないんだけども読み進めてもべつに面白くもならない話を延々何十万字も読み進めていくのは時間が……ということで、これも他を優先させる意味で後回しすることにしました。それらに代わって入り込んできた趣味のこととしては、歴史ですね。範囲としては中世のイベリア半島あたり。レコンキスタの時代ですね。ファンタジーのテーマとなる典型的な中世ヨーロッパ風の世界とは微妙に違いますが、ここはここでキリスト教・ユダヤ教・イスラームの三宗教が併存した時代地域として、色々読んでて興味深い地域ではあるんですよ。難点としては、日本語の文献がそんなにないんで、英語とか、そのうちスペイン語とかにも手を出さなきゃいけなくなるのかなーというところなんですが。まあそこまでやる根気があるかはべつにして、ぼちぼちと進めだしたのがこの月の半ばごろのことだったでしょうか。

ともあれそんな感じで、この月読んだ中からのお気に入りは2冊。

[☆☆☆☆]夢幻諸島から / クリストファー・プリースト  感想
翻訳ファンタジー(SF?)より。現代から近未来的な異世界を舞台にした、観光案内風雑記小説。恐怖そのものの記述もありますが、全体的にそこに行ってみたいと思わされる魅力に満ちた一冊。

[☆☆☆☆]誓いのとき / マーセデス・ラッキー  感想
翻訳ファンタジーより。タルマとケスリーの娘はやっぱりこの二人の子供だったと納得させられるものがありました。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

2015年11月の読書まとめ

11月は6冊。『氷と炎の歌』に時間を取られたか。面白かったは面白かったんですが、どうにも読むのにエネルギーを要したというか。2巻の感想にて、文章は問題なく読めるようになったと書いたはずなんですが、この巻ではまたしても文章に乗りきれない場面が多くて、こんなはずじゃないんだけどなーと違和感をこらえながらの読書だったせいでしょうか。そのせいかわかりませんが、それを読んでた月の下旬ごろに調子を崩してしまって。体調不良というわけではなく、精神的なリズムの面で。趣味の方面でのやる気がかなーり落ち込んでしまって、次の月にも回復しきらないままになってしまったという。そういう意味ではわりと転機の月だったと言えるかもしれません。いい意味では、まったくありませんが。

そんなこんなで、11月読んだ中からのお気に入りは以下。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌(5)竜との舞踏(3)  感想
海外ファンタジーより。手詰まり感に気が塞いでしまいそうだったデナーリスに、ついに状況に風穴を開ける特大の一撃が。待望の瞬間は圧倒的な力にものを言わせてこちらの心を揺さぶってくれましたよ。しかも、その転換点はまだもうしばらく続いていきそうで。第六部への期待もいやが上にも高まります。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月31日

2015年10月の読書まとめ

10月は6冊。艦これの同人誌をいっぱい読んでました。

読んだ中からのお気に入りは、ひとつ。

[☆☆☆☆]獣の奏者(1)闘蛇編  感想(読書メーター)
久しぶりに文章でいいなあと思える作品に当たった気がします。残る何冊か、大切に読んでいきたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

2015年9月の読書まとめ

9月は11冊。ただし、半分近くをオシリス文庫で積み上げてるのはちょっとずるいか。あれ、普通の文庫本にしたら1冊あたり100ページもないもんね。

読んだ中からのお気に入りは1つ。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌(5)竜との舞踏(2)  感想
翻訳ファンタジーより。竜と踊り、竜に踊らされ。いかにもタイトル通りのドラゴンを中心にした話は、どこに着地するのか、そもそもちゃんと着地するのかすらわからず混迷を深めていくようで。すっきりしない展開続きではありますが、それでも一章ごとに読ませる展開あり、次への期待あり。楽しませてくれるシリーズです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月07日

2015年8月の読書まとめ

8月は4冊。なんだか、ここにカウントしてる小説よりも、戦史関係の本の方が面白く思えるようになってきてるところがあるような。

お気に入りはなし。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

2015年7月の読書まとめ

7月は9冊。結構読めたように記憶してたんだけど、それでこれだけとなると、ちょっと色々考え直すべきかと思えてくる。小説とその他の本の読了数がほぼ拮抗してる時点ですでにペース配分がおかしくなってきてたはずなので。

読んだ中からのお気に入りは1作。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌(5)竜との舞踏(1)  感想
翻訳ファンタジーより。キャラクターの足もとを揺さぶることではらはらと先の展開を追わないわけにはいかない気にさせてくれるシリーズではありましたが、今回はとうとうデナーリスがこれまでで最大の窮地に。その他のキャラの動きもあり、ますます見逃せない展開になってきてます。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。