2020年03月28日

The Wizards of Once

The Wizards of Once (The Wizards of Once (1)) - Cowell, Cressida
The Wizards of Once (The Wizards of Once (1)) - Cowell, Cressida

邦題『マジックウッズ戦記』シリーズの第一作。そちらも読みたいと思いながら書店で見かけられずにいるうちに原語のほうを読んでいたの図。(以下、特に邦訳版の訳語を確認せずに書いてるので、まちがいが多々あるかもしれません)。

魔法使いたちの頭領の息子でありながら魔法の使えない男の子ザールと、魔法を忌み嫌う戦士たちの女王の娘でありながら華奢で魔法に興味津々な女の子ウィッシュ。ふたりが出会うことからはじまるファンタジー。

ザールのとんでもない利かん気ぶりにはハラハラさせられたけれど、手の焼ける子ならではの抜け目のなさでピンチを乗り越えてみせる後半の展開は見事だった。まあそれで成長したかというと、そうでもなさそうなのがまたお目付け役に同情したくなるところではあるけれど。一方のウィッシュは、そんな悪ガキ的なザールに翻弄される役回りかと思いきや、こちらも一族の伝統破りの魔法好きに関しては護衛が頭を悩ますほどのマイペースぶりなのでどっちもどっちというか。

親の目から見ればどちらも悩ましい子どもではあるけれど、敵対する相手の世界に触れて感情豊かに動き回る様子は見ていてとても楽しいものがあるんですよね。一触即発な出会いを果たしたふたりが、なりゆきとはいえふたりそれぞれの活躍でピンチを乗り越える。それも、大人たちの知らないところで、自分たちだけの力で危機を乗りきってみせたという展開がおもしかったですね。

いちおうこの一冊で話に区切りはついているといえばついてるけど、シリーズ一作めということもありまだまだいろんな謎が残されてる状態。とても気になるシリーズですね。

特にウィッシュのほう。今回のできごとを通して成長した様子が最後の母王との対面で感じられて。母王から心配な子どもというだけでない、まるで油断のならない子どもとでもいうかのような表情を引き出した瞬間。あれは熱かったですね。ザールとウィッシュの出会いは、魔法使いと戦士というふたつのクランに、確実に変化をもたらしてますね。いまはまだすこし。でもこれがどこまで広がっていくか……。とても楽しみなシリーズになりそうです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:22| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。