2019年08月14日

道草屋 芹7 ゆうがた

【初夏耳かき】道草屋 芹7 ゆうがた【湯船怪談】
【初夏耳かき】道草屋 芹7 ゆうがた【湯船怪談】

【初夏耳かき】道草屋 芹7 ゆうがた【湯船怪談】 - 桃色CODE - BOOTH

音声作品としては定番も定番な道草屋シリーズの最新作。個人的にはもうどれを聴いてどれを聴いてないかさっぱりわからなくなってるんですが、そんなときでもどこから聴いてもゆったりした時間やASMR的な音を楽しめるのがたまらないシリーズではあります。

この作品でよかったのは、なんといってもお風呂場の場面ですね。その中の、シャワーや耳舐めのパート。音としてとても気持ちよかったんですよね。

シャワーを流されながら、頭をワシワシする手が耳もとをなでていくときの音、いいですねえ。変化する水の音が耳の奥をちろちろとなでていくようで、ゾワゾワさせられるような気持ちよさがあります。流すときはそれに加えて、耳に水が入らないように耳もとを覆われるぼうっとした音の感覚も加わって、本当にとても気持ちのいいことで。

あと、いつも自分にするときの癖でたっぷりシャンプーとリンスを出してしまう芹さん、かわいい。芹さんって、おちゃめなところがあるのがかわいいんですよね。

そして、このシリーズの耳舐めは本当にいいもので。はむはむと、ちろちろと、くすぐったい程度に耳に触れてはいたずらっぽい笑い声をあげてみせる。この、強すぎず、それでいてもどかしいくらいにもっとほしくなるくらいの絶妙なバランスで刺激を与えてくれるのがとてもいいものなのでして。今回も、中のほうをなぞってみたり、かと思えば表面をついばむようにしてみる舐めかたや、加えて、それに対する反応を楽しそうに堪能しているかのようなボイスが非常によいものでした。特についばむ音は鼓膜から脳髄にゾクゾクとした快感が広がっていくようで、とてもやばい。

耳に入った水を抜くべくトントンする音も小気味のよい気持ちよさで、癒してくれること。

今回も、癒される音でした。音声作品もかなり数が増えてきましたが、このシリーズのよさは不動のものがありますね。また目についた作品があれば聴いてみたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:57| Comment(0) | 音声作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: