2019年08月06日

やがてうたわれる運命の、ぼくと殲姫の叛逆譚

やがてうたわれる運命の、ぼくと殲姫の叛逆譚 (ファミ通文庫)
やがてうたわれる運命の、ぼくと殲姫の叛逆譚 (ファミ通文庫)

やがてうたわれる運命の、ぼくと殲姫の叛逆譚 藍月 要:ライトノベル | KADOKAWA

これはよい年上ヒロインファンタジーラブコメであった。

特に、三姉妹の一番上のオルカさん。これが、おもしろくらいにポンコツなおねえさんでして。……いや、普段はクールで凄腕な魔物狩りなので、ポンコツという言葉からすぐに想起されるキャラとは違うんだけども、主人公の前でだけおかしいくらいのポンコツぶりを発揮してしまう人なんですよね。……と書いたところで、やっぱりポンコツは違うだろうかという気もする。でも、主人公の前でだけ普段のクールさが跡形もなく消え去って、不審者まがいの動揺ぶりを力技で押し隠そうとして塩対応レベルでクールすぎる感じになってしまう様子は、平時の頼れる魔物狩りぶりと比べるとどうしても「ポンコツ」という言葉でもって形容したくなるものでありまして。

三姉妹ともに主人公の少年に好意を抱いているのではあるけれど、ほかの誰よりもその想いが強いがゆえに、またそれまでそうした想いとは無縁の人生を生きてきたがゆえに、好きな相手を視界に入れるとあふれ出んばかりの感情を処理しきれずにてんぱってしまう様子がたいそうかわいらしいことで。

まあただでさえ、この話の主人公のレン君はまだ声変わりも来ていなさそうな少年にすぎなくて、その一方で三姉妹の最年長オルカは彼と比べれば片手に余る年齢差。本気の気持ちを伝えればその瞬間に犯罪臭がただよってきそうな絵面であり。それに、その年頃の少年にとって、その年齢差がどれほど大人と子どもという隔絶を感じさせずにはいられないものかを考えれば、自分の気持ちは迷惑になるものでしかないと、自嘲ぎみになるのもうなずけようというもの。

ただし、少年の側からすれば、そんなオルカの葛藤はなんのその、女性ながらに魔物狩りとして男顔負けの実績を積み重ねるオルカたち三姉妹は少年心にはヒーローのような存在であって。なかでもその長姉にして最強のオルカは憧れの存在ですらあったりしたわけで。

奇妙な態度を取ってしまって呆れられたかもとか嫌われてしまったかもなんて、ひとり百面相したり奇声をあげたりしてるオルカの様子は、それでもレン君の前では精一杯にかっこいい大人の女を取り繕おうとして取り付く島もない感じの態度になってたりするのと合わせて、それはもうニヤニヤと眺めさせてもらえるものでして。たいへんにやにやしいラブコメぶりでございました。

そして、そんな彼女の想いが報われるラストの展開を見ていると、これ、実はレン君の物語じゃなくてオルカの物語だったのでは、なんてことも思えてきたり。

後半、魔物あふれるファンタジー世界らしいバトルもあったけど、そうした命懸けのバトルを経た末のラストがようやくそこなのかという到達点は、おそろしくじれったいくらいの遠回りな第一歩だなあなんて思わされたりもしましたが、個人的にはこういうの大好きなんですよね。これで終わっても話としてはきれいな終わり方だとも思うけど、可能ならばその先の彼女たちの姿を見てみたいという気持ちにさせられるものがありますね。

実に興味深い【年上のお姉さん学】なる学問ともども、シリーズのさらなる進展を期待します。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:23| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: