2019年07月31日

虚構推理(1)

虚構推理(1) (月刊少年マガジンコミックス)
虚構推理(1) (月刊少年マガジンコミックス)

『虚構推理(1)』(片瀬 茶柴,城平 京)|講談社コミックプラス

Twitterの広告で流れてきて気になった枠。

これ、めちゃくちゃおもしろい雰囲気してるじゃないですか。特に、主人公(でいいのかな?)の岩永琴子がそれはもういいキャラをしてまして。

一話での、一目惚れしたもう一人の主役・桜川九郎を射止めるべくあれこれ画策する様子とか、しかもそれを隠すことなくオープンにしてグイグイ押しまくっていくアタックぶりとか。そして、九郎の彼女(元カノ)に対抗心燃やして一方的なくらいに張り合っていこうとする態度とか。若干うっとうしくもあるんだけど、どこまでもストレートであるがゆえにどこか憎めないところがあるというか。

九郎としては、なんだかめんどくさげな女の子に気に入られてしまったとでもいうようなげんなり感をただよわせながらも、特に好みのタイプではない琴子をことさら拒絶する様子もないようで。琴子の口から「現在の彼女」を名乗られても、本当に?と疑いたくなってしまうところではあるものの、腐れ縁的に関係がつづいていくのはありそうなと思わされていくふたりのやりとりの雰囲気は悪くないのであって。

でもそれ以上によかったのは、やっぱりラストでの琴子とサキさんとの再会シーンであって。別れても九郎のことを忘れられないサキさんと、「現在の彼女」を名乗る琴子がばったり出くわして。サキさん相手に一方的にマウント取りにかかって女の戦いめいた恋のさや当てをはじめていく琴子はおもしろかったよねという。

それに、サキさんのほうも、どこか頼りないくらいの年下男子が好みということで、今でも別れた九郎のことが忘れられない様子をしっかり感じさせてくれてて、これはなんだかとても楽しみな雰囲気ですよというところ。

というか、こんな三角関係的なラブコメ展開が楽しみに思えるってどれくらいぶりだろうかと、読んでて覚えた自分の感情に驚きすら感じてもいるんですが、それはともかく、めちゃくちゃ楽しそうなシリーズですね。実は気になりすぎててすでに次の次の次の巻くらいまで読んじゃってるんですが。ともあれ、感想書けそうならそちらでもまた。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:58| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。