2019年06月19日

JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記

JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記 (小学館ジュニア文庫)
JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記 (小学館ジュニア文庫)

JCオリヴィアのプリティ・プリンセス日記 | 小学館

自分のことをフツーの女子中学生だと思っていたら、実は某国のプリンセスだと発覚した女の子・オリヴィアの話。

この巻のお話としてはまさに序章といった感じ。自分の出自がわかって、本当の家族と対面して、彼らといっしょに暮らすことになって、以上終わり、みたいな。その間にちょっとした展開はあったものの、プリンセスな物語としてはまさにこれからというところ。つづきももう出ているので早いうちに読んでみたい。

そんななかでも、友人のニシとのやりとりはよかったですね。プリンセスフリークで、なりたてほやほやのオリヴィアよりはプリンセスなるものに詳しくてあれこれ教えてくれるお友だち。オリヴィアの出自がわかってからも、それまでの親しさはそのままに、身近に本物のプリンセスがいたなんてと、興味津々でメッセのやりとりで盛り上がってる様子がとてもかわいらしいこと。

あとは豊かな暮らしはさせてもらえてなかったオリヴィアが、プリンセスな生活の一端に触れて、そのセレブぶりというかリッチぶりへの驚きをニシと共有してる様子もなかなかいいもので。

そういえば、この作品、調べてみたら、オリヴィアの実の姉にあたるプリンセス・ミアの物語も存在していて、そちらも邦訳されているとか(やや古めの作品なので手に入れるのは難しいかもだけど)。次回の話はそのミアの結婚式ということで、ということはもしかして、この作品はそちらのシリーズの実質的な続編にあたるんだろうかと思えたり。気安く胸のうちを明かすことのできない立場のヒロインの記す日記によって物語がつづられていくという形式も同様っぽいですし。

前後の展開がどちらも気になるシリーズですね。楽しみにしたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:44| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。