2019年06月17日

水玉ハニーボーイ(10)(小冊子付き特装版)

水玉ハニーボーイ 10巻 小冊子付き特装版 (花とゆめコミックス)
水玉ハニーボーイ 10巻 小冊子付き特装版 (花とゆめコミックス)

水玉ハニーボーイ 小冊子付き特装版 10|白泉社

ちょっと最高の展開すぎた。特に特装版の小冊子。ふたりの結婚式の様子が、シリーズ集大成としての笑顔と幸せに満ちたハッピーエンド感をこれでもかと感じさせられて。ここまで読めてよかったって幸福感にひたらせてくれること。

仙石さんのプロポーズ、ほんと最高でした。ありがとうございます。ありがとうございます……。プロポーズはやっぱり仙石さんからになるのねというというところではあったけど、藤君からのプロポーズを真顔で断りまくったうえで仙石さんのほうから突然持ち出してくるのが、もう、最高にドキドキさせられてずるい。事前に特装版の情報を知ってたから予約して手に入れることができたけど、正直これなしでシリーズ読み終わった気にはなれたかはわりと微妙な気がする。それくらいに素晴らしい小冊子であった。カバー絵も通常版とは違ってて、個人的にはやっぱりドレスを着るのは藤君でないとというところ。

いやもう本当に最高のハッピーエンドでした。どこを見回してもカップルだらけで、祝福したくなるような幸せな空気感が半端ない。筆頭は当然に藤君と仙石さんだけど、更ちゃんと乃木先輩も、ヘタレな先輩を押しきってついにという感じがすごくいい感じの雰囲気でしたね。一華さんもかわいかったし、そのお子さんたちもかわいらしかったし。最高の満足度。

そして自分がこのシリーズを気に入って読んでた目的である仙石さんに関していえば、柱でもいわれてましたが、変わりましたよね。1巻のころと比べれば。

当初の仙石さんといえば誰に頼らずとも生きていけそうな強さがあったというか、そのうえでさらに強くあろうとしてた感じがあって。けれどそれは触れれば斬れてしまいそうなというか、誰にも隙を見せない、見せられない強さでもありました。まあそれがかっこよくもあったんですけど。

けれど、めげない藤君のアプローチを何度も受け、構いたがりな藤君にあれこれとお節介を焼かれ、藤君を通して恋愛に限らない好意や愛情にあふれた人たちに囲まれるようになって。すっかり雰囲気やわらかくなりましたよね。かっこいい姿が見られる機会が減るのは残念でもあったけど、その分、ここぞというときに見せてくれるイケメンぶりはより凝縮されて濃度が上がっている感もあって。この巻でも王子さまぶりは、やっぱりかっこよかったですね。

そして、シリーズ後半になるにつれて、まっすぐな好意を向けてくる藤君と接しているうちに、仙石さんも恋する気持ちを知るようになって。藤君にだけ向ける、仙石さんの恋する女の子の顔。9巻のような慣れないとまどい混じりではない、この巻の自然体で恋心が表れた表情。とてもとてもかわいかったです。シリーズ途中で家の事情なんかも明かされたりもしてたので、そんな表情が見れるまでになったのが本当にうれしくて。

ああもう本当に完結なんだなあと、なんだか寂しくもなってくるくらいに大団円なラストでした。少女マンガを読みだしたのってここ1、2 年くらいじゃないかと思うんですけど、そのなかでもほんとに最初のころから読んでたシリーズが、ここまで万感なラストを迎えてくれて、もううれしくて幸せで、どうにかなってしまいそうというか。

ともあれ、オネエ男子と侍女子によるラブコメ少女マンガ、これにて完結。最後までとてもおもしろかったので、気になる方はぜひこの機会に、一気読みしてみてはどうでしょうかというところ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 03:16| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。