2019年05月29日

100分de名著 2019年2月号 オルテガ 大衆の反逆 多数という「驕り」

オルテガ『大衆の反逆』 2019年2月 (100分 de 名著)
オルテガ『大衆の反逆』 2019年2月 (100分 de 名著)

100分de名著 オルテガ『大衆の反逆』 2019年2月 | NHK出版

闘いの場に身をおいた人物の言葉は重い。

言論によって内乱に向かう時代の潮流と闘ったスペインの哲学者オルテガ。代表作『大衆の反逆』を中心にしてまとめられるその考えは、過激な思想に流されるばかりの「大衆」、「大衆」とは違う存在を受け容れる思想としてのリベラル、自らを作りだす周囲の環境およびそれらを築きあげてきた死者たちへの意識、過激な変革に違和を抱く保守観など。全体として、初心者にもわかりやすい平易な解説書でした。

解説された彼の言論からは、多数派の独善に陥り暴走する大衆を止めようとして考えだされたのだろうレトリックがいくつも感じられた。その最たるものが「生きている死者」の考え方だろうか。なんの縁もない学者・政治家がなんやかんや言って通じなくても、血のつながった父祖を含めた死者たちの思いを想起させられることは、独善からの脱却をもたらすうえで効果を発揮しうる考えではあったことだろうと思う。とはいえ現実としては、暴力に訴えてでも自分たちの考えを押し通そうとする潮流を食い止めるにはいたらなかったわけだけれど。

けどそれでも、現在においてもなお見るべきところの多い人物であるように思われる。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 20:12| Comment(0) | ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。