2018年12月27日

服を着るならこんなふうに(2)

服を着るならこんなふうに(2)
服を着るならこんなふうに(2)

「服を着るならこんなふうに」|ヤングエースUP

「俺だって欲しいんですよ スーツに合わせると大人っぽくしっかりして見えて あわよくば普段使いもできるような万能のコートが…」

なんだろう、とても最近の自分の心境とシンクロしたようなセリフが……。ごめんなさい、欲ばったこと言わずに何か買うことにします。

というのはさておき、今回は前の巻のラストで登場した樋口さん流のファッションの考え方が披露されるお話でもありまして。

樋口さん流、それは第一にしてなによりの趣味というレベルでお金をファッションにつぎこむものであり、1巻の話でへーへー言いながら読んでた人間からしてみればまるで別世界のようでもあるけれど、ひとつの方向性としてそうした路線もあるのだと伝えてくれるのであり、それと同時に無限にあるわけでもない元手でのやりくりの方法を教えてくれるものでもあり。いわば、基礎を学んだところで今度はそのすこし上のクラスをのぞいてみる感じでしょうか。

背伸びしないと手が届かないような感もあるものの、でもそうしていろいろ着こなしたりファッションの話をしてる樋口さんを見てると、これはこれでとても楽しそうでもあるんですよね。なににつけ、思いっきり楽しんでいる人を見てるとなんだかいいなあと興味がひかれるものもあるというか。楽しんでこその趣味であり、楽しみ方がわかってくるとより面白くなってくるのが趣味でもあるんだろうなと、本読み趣味の人間としてもわかる部分もあり。

そんな今回の話でいちばん面白かったのは、「流行のシャワー効果」と呼ばれていた考え方。これは服のトレンドの伝播経路に関するもので、おおざっぱにまず海外のトップブランドで最先端のデザインとして生まれたものが、何年も何年もかけて徐々ににその下のクラスその下のクラスのブランドに真似されていって、最終的にはファストファッションのお店でも見られるようになっていくという、そんな流れのことのようで。これを理解しておけば、あらかじめちょっといいお店で下見をきておいて、いいなと思ったようなデザインのものが手頃な店でも並ぶようになったところで手に入れることもできるし、またそうした知識をしいれておくことで大衆的なオシャレの流行を先取りすることもできるのだそうで。この辺、ひとつの流行だけで好みが満たされる人ばかりではないのではという気もするものの、むしろそれほどこだわりのない人にとっての手軽なチョイスとして有効に機能するものではないかと思ったり。

そんな感じで、今回もおもしろい話でした。躁的な買い物には気を付けたいですね……。

あと妹ちゃんも、今回もかわいかったですね。個人的にはメガネかけてるほうがかわいさアップして感じられるような気がしますがそれはともかく。

次回は、どんな話でしたっけ? まだ既読の範疇ですが、そろそろ記憶があいまいになってきてて。ともあれ、次も楽しく読ませてもらいたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:01| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: