2018年12月27日

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。―AΩ―(1)

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-(1) (アース・スターコミックス)
即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。-ΑΩ-(1) (アース・スターコミックス)

即死チートが最強すぎて、異世界のやつらがまるで相手にならないんですが。−ΑΩ−|コミック アース・スター

あ、これおもしろいわ。

タイトル見て一発ネタかと思ってたんですが、読んでみるとそれだけで短いお話が作れそうな設定がこの一冊だけでもいくつも詰めこまれてる感じ。それになにより主人公とヒロインのキャラがいい感じで、掛け合いがとてもおもしろい。これを読み逃してたのは悔やまれる。

連載開始時点で1話目を読んで、これはおもしろいと思えたものだから、つづきも気になるし原作小説のほうで読んでいこうという気にもなったのだけど、文章で読むと1話から2話にかけてのやられ役がくどくて無理だったという。最近ちょくちょくあることですが、ともあれマンガで追っていく方向で。

それはそれとして、ストーリーとしては、即死チート持ちの主人公がクラスごと異世界転移させられて、スキルなしを理由にクラスの皆から置いていかれる系統の話。

ヒロインの壇ノ浦知千佳(すごい名前だ)も主人公ともども置いていかれた組なんだけど、このふたりの掛け合いが基本的におもしろいんですよね。元の世界からチート持ちだった影響か、異世界に来てもぬぼーっとしてマイペースなところのある主人公に対して、一般人代表のようにしてツッコミをいれていくスタイル。それもいきなり訳のわからない事態に巻き込まれた状況もあってかやけくそぎみなハイテンションのノリツッコミはテンポもよくて、シリアスな状況なのに笑いを誘ってくれて。クズな悪役の言動で気分が悪くなりそうな場面でも後を引かせない効果もあるように感じられたりして。個人的にこのマンガ版のテンポとは相性のいいところがあるのかもしれません。

というのもこの作品、登場人物にろくでもないやつが多いんですよね。知千佳がスタイルのいい女の子だとなると好き勝手な欲をあらわにしたり、特別なスキルを手に入れたことでそうでない人たちを見下したり。しかもそのほとんど全部が転移してきた日本人だったりするからあきれるというかかわいた笑いしか出てこないところで。まあ主人公も他人よりちょっとチート能力との付き合いが長いというだけで、中身は健全な男子高校生みたいなんですけどね。こんな状況を見れば知千佳ならずとも「ろくな男がいやしねーよ!!」って反応にもなろうというもの。

そんな感じで、日本人のダメっぷりやらヒロインによるテンポのいい掛け合いやらを楽しませてもらいつつも、話としてはまだはじまったばかりというところで。主人公のチート能力もまだその全貌はうかがいきれないところがあり、ヒロインの知千佳のほうもなにやらいわくありげなスキルを抱えてそうですがこちらもお披露目はまだ。つまり能力バトルものとしておもしろくなれそうな要素がまだ秘められてるんですよね。それに、転移先の世界についてもわからないことだらけであり。この先どういった方向に話が転がっていくんだろうかと、ふくらむ期待を抱きながら次の巻を待ちたいところですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:25| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。