2018年12月20日

花弄り 雌蕊の婚姻

花弄り 雌蕊の婚姻 (CROSS NOVELS)
花弄り 雌蕊の婚姻 (CROSS NOVELS)

CROSS NOVELS | クロスノベルス | 詳細情報

オメガと判明して王位継承の道を絶たれ婚姻の道具として後宮に閉じ込められた王子が、豪勢な金髪アルファに見いだされ、奪われた立場に鬱屈を抱える王子としても発情衝動を抱えるオメガとしても救い出される話。

発情した槐の姿がたいへんにいやらしかった。あとで後悔に苛まれるとわかっていても、その場で高ぶった気を発散させたくてしかたがなくなってしまう。王族であるがゆえにプライベートはないに等しく、誰に体を許したかは筒抜けになってしまう環境で、それでも疼く体にほかのことを考える余裕もうすれていやらしく男を誘惑してしまう。たまらない性質の持ち主であった。

けれど本人からしてみればどうにもならない持病のようなものであり、王位継承者候補からはずされた原因でもあるだけに、そんな自身の体質をうとましく思わずにはいられなくて。また、同じ国の者を相手にしていてはその葛藤を思わずにはいられない。だからこそ、他国の出身であり、そんな思考すらも吹き飛ばしてくれるほどに激しい快感に酔わせてくれる特別な相手であるウィロウには惹かれる気持ちを抱いてしまうし、相手のほうからも衝動を鎮める役割としての義務感を超えて槐に寄り添う親愛の情をみせられるとなれば、これこそが理想のお相手なのでしょうと納得させれる。そのうえ発情衝動から逃れられない雌蕊としての奈落から救い出す場面を見せられては、ただただ祝福するばかり。

なにげにオメガバースものを読むのは初めてであり、お約束を理解しきれてないところも多々あるんですが、ともあれ雌蕊の主人公のままならない体質と、それだからこそ生まれる物語はなかなかよいものでありましたということで。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 23:31| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。