2018年11月29日

金色のマビノギオン アーサー王の妹姫(1)

金色のマビノギオン ─アーサー王の妹姫─ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
金色のマビノギオン ─アーサー王の妹姫─ 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)

金色のマビノギオン ─アーサー王の妹姫─ 1|白泉社

キャラといい話の雰囲気といい、読んでてめっちゃワクワクしてくる。すごくいい感じ。

ざっくりとした内容としては、現代の高校生である、たまき・真・広則の三人が、修学旅行先のイギリスから魔術によってアーサー王伝説の世界へと呼び出されることになる話。

まずもってキャラがいい。アーサー王伝説に現代の高校生たちか巻きこまれることになる話だけど、この三人組のキャラがとてもしっかりしてるんですよね。ウーサリアンの真、武道の心得のある男子一点の広則、アーサー王子と瓜二つのたまき。流血沙汰のある世界にも呑みこまれることなく、かといって主張しすぎて伝説そのものの雰囲気を壊してしまうこともなく、絶妙なバランスのうえでしっかりと印象に残るキャラを見せてくれる。それは伝承の登場人物たちが彼女たちを重要人物として遇しているというのが大きいのだけど、彼女たちとしても元いた場所とは違う世界におびえとまどうばかりではなく積極的に交流を深めていき、別世界の人であるからといって壁を隔てるようなことのない関係を築いていることにもよるのであり。

時系列的にはまだアーサーによる王位継承前ということもあり、血なまぐさい陰謀の雰囲気は当然底流に流れてはいる。けれど、いまのところはまだ安全地帯ともいえるアヴァロンにいることもあってか、三人組は伝承の中の世界で驚くほどに現代人らしさを保っているんですよ。真はアーサー王伝説の世界に興奮してツッコミをもらい、広則は湖の乙女に心惹かれたり、たまきは子どもっぽいまでの無邪気さを発揮して周囲を和ませたり。驚くほどに現代世界にいたときと変わらないキャラクター。幼なじみらしく、いろいろな体験を共有してるからこその掛け合いもそのままに、行動力あふれる真と広則が悪いやつらからたまきを守るという関係性は不穏な情勢のこの世界ではよりいっそう強化されている感もある。こういうの、いいてすよね。現代人としての背景とアーサー王伝説の背景とが、食い合うことなく混ざりあってこの作品らしさを出してるというか。

そしてそうであるからには、伝承の側の人物たちもしっかりと存在感を発揮しているのであり。筆頭はやはりマーリンでしょうか。現アーサー王子陣営の参謀格といった感じだけど、どうにも食えないところのあるキャラであり。妖しげな魔術を使い、皮肉げな表情で場を主導する。異界らしさ代表といえばこの人。冗談を言わせれば愉快なキャラではあるけれど、その一方で口にする言葉を信用しきっていいのか不安を抱かせる人物でもある。真が持つ伝承知識の優位を相対化させたのもこのキャラであり。底の知れなさは頼もしさと油断ならなさの紙一重といった趣。

また、ガウェインもアーサー王子とのつなかりの深さからたまきとの交流が進んでいく様子がほほえましくもあり。

まだ物語が本格的に動きだすのはこれからといった感じでもありますが、この段階でとてもいい感じなだけに期待は高まります。アーサー王伝説についてはあちらこちらの作品でつまみ食いした程度のあやふやな知識しかないので、まっさらな気持ちで次の巻も読んでみたいところ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 23:26| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: