2018年09月07日

オネエ男子、はじめます。(2)

オネエ男子、はじめます。 2 (花とゆめCOMICS)
オネエ男子、はじめます。 2 (花とゆめCOMICS)

https://www.hakusensha.co.jp/comicslist/51481/

基礎化粧品代でおこづかいがカツカツな男子高校生、なにかがおかしいんだけど、面白いからまあいいか。そんな感じのシリーズ2巻目。

男子が苦手な意中のクラスメイト・音鐘さんとお近づきになりたいと思ったまではよかったものの、第一歩目をまちがえてしまった感はすでに覆い隠しようもなく、交流イベントが進むのは女装姿でのときばかり。それどころか、恋愛イベントの予感すら漂ってきてるのは、ギャグとして笑えばいいのか、疑似百合的なものとしてテンション上げていいのか。なかなかリアクションに困る状況になっているところであり。

まあドツボにはまってるのは全部自業自得なんですけどね。好きな女の子とのデートイベントとか、そんなの即答でOKするよね。気の重くなるような打ち明け話なんて吹っ飛んじゃうよね。わかるわかる。でもね、そのイベント、女装が前提ですから! 男の姿ではほとんど箸にも棒にもかかってませんから!

高橋、残念な子……。というか、戻ってこれなくなる前になんとかしようね……?

けれど今回の個人的なハイライトは、なにをおいても燿市のひとりお出かけシーンだったと思うんですよね。こいつ、完全に女装にハマってますやん。あまりにもノリノリすぎて、ふつうに超可愛いんですけど、なにこの子。あの場面だけでその筋の人()にとても訴求力がありそうな気がするんですけど、どうでしょ白泉社さん(何の話だ)
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:58| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: