2018年06月25日

禁じられた恋を公爵と

禁じられた恋を公爵と (マグノリアロマンス)
禁じられた恋を公爵と (マグノリアロマンス)

禁じられた恋を公爵と | オークラ出版

「愚鈍で、従順で、美艶な女」を夫人に望む公爵マーカスと、そんな彼に腹を立てながらも自身が後見人をつとめる女性の結婚相手としては家柄も財産も申し分ない人物であることから、何度も顔を合わせることになっていく若き未亡人クララの話。

これ、個人的にすごくよかったです。第一印象が悪かったせいで、マーカスがなにかしゃべるたびにあれこれととげのある言葉をはさまずにはいられないクララと、そんな彼女にうんざりさせられながらもエリーとの縁談を進めるためには顔を合わせざるをえず、そのたびに口論のようなやりとりになってしまい閉口するマーカス。いかにも犬猿の仲のようなふたりだけど、会うたびに言いあいのようになってしまうのはお互いのことが無視できないからであって。そして、言いあいのようなやりとりをしている時間は、腹立たしいものでありながらどこか退屈しないものがあって。そんな、表面上は相性の悪いふたりのようでありながら、実のところ平静さを欠いてしまうほどに気になって気になってしかたない者同士なのであったという、このいかにもにやにやさせてくれる関係性がとても好みだったのでして。

しかも、マーカスは早いうちにもしかしたらと自分の気持ちに気づくのだけど、クララのほうは自分の感情がわからず、マーカスの前だとすぐに冷静さを失ってしまう自分にとまどって、ますます揺さぶられていく心にふりまわされていく様子が伝わってくるのが、はたからみている読者としてはまた実ににやにやとさせてくれることで。知らぬは当人ばかりなり。ベタといえばベタなんだけど、それをこれでもかと見せつけられるのはとてもいいものがあって。

ふたりの気持ちとしてはそんな感じではっきりしているのだけど、お話としては、ふたりがそのままくっついてしまってはやや角が立つ。なんせふたりが顔を合わせる名目はマーカスとクララではなく、彼女の被後見人との縁談話を進めるためなので。いくら公爵が自分の気持ちに気がついても、結婚相手としてふさわしいのはエリーのほうであって。クララのほうでも、また別の理由で痛いほどにそれがわかっているものだから、一歩身を引いてしまう。後半になるとマーカス視点の章が減って、不安と動揺に駆られるクララの視点を中心に話が進んでいくうちに読んでいるこちらまでどうなってしまうんだろうかとハラハラさせられるようになった末での、いろいろ円く収まるラストは、ストーリーとしてもとても満足感のあるもので。いやあとてもいいハッピーエンドでした。

ニヤニヤできて、ハラハラさせられて、最後には幸せな気分で読み終えられる。すごくいいラブコメ(?)だと思います。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:26| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: