2018年05月09日

アリスマ王の愛した魔物

アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)
アリスマ王の愛した魔物 (ハヤカワ文庫JA)

アリスマ王の愛した魔物 | 種類,ハヤカワ文庫JA | ハヤカワ・オンライン

傑作。表題作「アリスマ王の愛した魔物」は東京創元社から出ている年刊SF傑作選にて既読の作品で、いまあらためて読んでもやっぱりとんでもない。そのほかの話は、「アリスマ王〜」に比べればSF色が強めの話が多いけれど、人と人、人と物、物と物が心を通わせあう交流を描いた話がやさしくも心に訴えかけてくるものばかりで。ベテラン作家の確かな手腕を感じさせてくれる一冊でした。

以下、各話感想。


「ろーどそうるず」

バイクの統合制御ユニットと、そこから送られてくるリポートを受信する担当ユニットとのやりとりという、人が登場せず物と物の話をいちばん最初に持ってくるこの飛ばしよう、嫌いじゃないです。人ではないにもかかわらず人間らしい思考をする彼らがどこかおかしく、けれど読み進めていくうちにだんだんと感情移入させられて、統合制御ユニットに待ち受ける苦難についつい読み入らされてしまう。うまいですよね。ラストが希望を持たせてくれる終わりかたで、これひとつでもある程度の満足感を得られてしまうくらいで。短編小説のよさですね。


「ゴールデンブレッド」

「タタミ・マット」なんていう、サイバーパンクな世界をイメージしてしまいそうな出だしからはじまって、けれど話としては、農村っぽい和風異星界に不時着した欧米風主人公が、その星から旅立っていこうとして果たせないでいるうちにそこの人たちと交流を深めていくという、人と人との文化の話。というか、これは姉さん女房との馴れ初め話ですかね。けんかっぽいやりとりをくりかえしながらも、なんだかんだでお互いのことを受け入れていく。ええ話やね……(しみじみ)。知識はともかく食の好みはそうそう短期間では変わらないだろうから、苦労しそうだけど。


「アリスマ王の愛した魔物」

森羅万象ありとあらゆる数を数えあげる性癖を有した小国の末王子が、戦乱の中から途方もない犠牲の上に覇業を築きあげる、ひとりの人の話。あるいは、異常な執着を持つ人と、その望みを叶える術を知る魔物の話。人を人と思わぬ人の話。くりかえしになりますが、傑作。幼いころから物事の数を数えることに取り憑かれてきた王子が、その数字を駆使し、数字と数字を組み合わせ、数字と数字を掛け合わせることで頭角を現していく物語。ファンタジー風の外見のなか、骨子にあるのは数学で、物語世界中では異常な領域にまで到達した数学力によって、ありとあらゆる可能性の中からあり得べからざる結果を引き出していく覇業ぶりができすぎなくらいに爽快で。けれどその過程において多大な犠牲ももたらされるんだけど、そんなことには無頓着に、ただただ数字を数えあげ、数字から数字を導き出し、数字をもとに覇道を突き進むことしか眼中にない王子(とその従者)がめちゃくちゃクールに狂ってて。敵も味方も情け容赦なく死屍累々にして、その上に築かれる国家の盛衰はすさまじく、凄絶の一語に尽きる。読んでてにやにやと気持ちの悪い笑みが収まらなかったことといったら。己の欲求に従い楽しみを追うがまま地獄のような覇業を成し遂げる王子、決定的な知識をもたらして王子をそそのかした魔物のような従者の物語、最高に面白かったです。読後呆然とした虚脱感に襲われてしまうようなすさまじい話。けれどきわめつけは、これだけとんでもない話を描いておきながら、ページ数としてはこの本のうちの40ページくらいの分量でしかないということで。こんな話を読まされたら、短編小説というものに魅了されずにはおられませんわ。文章の語り口としては、語り手が聞き手に昔ばなしとして語って聞かせるという体であって。ところどころに下卑た冗談が混じったりして、そのせいで話自体も猥雑とした印象になってしまうんだけど、そうであるからこそ荒唐無稽なまでのアリスマ王の覇業のすさまじさがいやまして感じられるところがあって。もうなにからなにまで、とんでもない一作でした。


「星のみなとのオペレーター」

小惑星の宇宙港で管制官を務める人と、彼女になついた謎の生き物と、ときどき彼女の気になる人の話。主人公の女性が彼らと交流を深め、お近づきになったりなられたりする話。読みながら「ウニと和解せよ」なんてフレーズが思い浮かんだり……というのはともかく、居住圏の拡大を求める地球外生命体とのコンタクトがあったりして、読みかけの同作者の別作品を思い浮かべたりもしましたが、こちらはどこまでもほのぼのとした雰囲気の話で。いくつかの話が最後の展開につながっていくつくりでありながら、それでいてこれも100ページなくすらすら読めてしまうというのが、やはり短編小説のおもしろさであり。


「リグ・ライト――機械が愛する権利について」

亡くなった祖父の遺産として自動車を相続した女性と、その車に必須の付属物として付随してきた女性型AIの話。あるいはタイトルにあるとおりの話。収録話中では最長で、100ページをわずかに超える長さ。とはいえこれもすらすらと読ませてくれるものがある話で。というか、主人公が同じ職場の女性と付き合ってる女の人という百合設定のおかげで、ふたりの関係と、そこにいわく主人公の好みのタイプな外見の女性型AIがくわわって、どんな関係模様になっていくんでしょうねとか、いろいろ気になってどんどんページをめくっていってしまうという、とてもわかりやすい百合好き読者の図と化していたという。とはいえ、話としてはもっとSF寄りな部分に焦点が当たるもので。機械が心を持つということ、機械が誰かを愛するということについて、現実世界以上の技術水準ではありながらそれでもなお発展途上の子どものようなAIを通して、それがどんな感じのことなのか、雰囲気をうかがわせてくれる話でありまして。この辺、もう少し詳しく描いた話も読んでみたいかなーと思わせてくれるものがあり。地味に関係が進んでるシキミと朔夜のふたりのやりとりももっと見ていたい気分にさせられるものがありましたし、長編化もぜひどうでしょうか。


という感じで、「アリスマ王〜」がとにかくすごくて、この話ひとつのためだけにもオススメしたいくらいですが、ほかにもしっかりまとまっておもしろい話がいくつもある短編賞作品集なので、気になる人には全部ひっくるめてぜひぜひと勧めてみたいところです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 23:24| Comment(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: