2017年08月22日

あの娘にキスと白百合を(5)

あの娘にキスと白百合を 5 (コミックアライブ) -
あの娘にキスと白百合を 5 (コミックアライブ) -
試し読み(BOOK☆WALKER)

今回のメインは10年近くぶりに再開した幼なじみの女の子ふたりの話。これがとてもかわいかったんですよ。

幼いころにとても仲よくしていたけれどそのことを覚えていない紗和と、久しぶりの再会に喜んだもののそれが自分だけだったことに不機嫌さを隠せないいつきと。そんなすれ違い模様をコメディタッチに描く話も面白かったんですが、個人的にいちばんよかったのは、なんだかんだすれ違いながらも互いが互いを見る視点に最初のころからかかっていた“特別な人”フィルターだったり。

いつきは周りからの評価も美人で異論が出なかったり、モデルのスカウトもかかるくらいにきれいな女の子として描かれてたんですけど、紗和視点で見てるとほころんだ笑顔も眉がつり上がった怒り顔も、常に10割増しくらいのインパクトで感じられて。何気ない表情に目を奪われたり、ふっともれるやわらかな表情にドキッとさせられるのがとてもよくわかるというか。昔のことは覚えてなくても、最初からいつきのことをほかの人とは違う目で見ていたのがうかがえてとてもかわいかったですね。

一方のいつきの視点でも、紗和のことを特別視していて。昔の約束という重要な事柄はあったけれど、それをこれまで大切に思ってきて、なおかつ偶然の再会に運命を感じるほどに喜ぶことができたのは、かつて紗和と過ごした時間をとても大切な思い出として胸に抱いていたからであって。だんだん明らかになってくるいつきの想いのなかで、紗和って、彼女自身の自己認識以上にあこがれのお姉さんみたいになってたんですよね。昔いっしょに遊んだ時間は楽しくて、再会できたならそのときに思い描いた夢のつづきが見られるんだと、その先へと彼女を導いてくれるのがほかのだれでもない紗和なんだと、無邪気に信じきっていられるくらいに。だから、昔のことなんて覚えていないという紗和に怒りを覚えるのはとてもよくわかるし、けれどそれでも紗和のために重ねてきた努力を認めてもらえることにうれしさを覚えてしまうのもわかるところであって。まあなんだかんだいってこの子は昔から紗和のことが好きなんだよねとわかるのがとてもかわいい。紗和自身も気づいていないような紗和のかわいさにも気づけたりしてるのを見てると、いつきも紗和と同じフィルターで相手を見てるんだなというのがよくわかって、たいへんかわいかったです。かわいい。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 17:11| Comment(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: