2017年06月19日

狂王の情愛

狂王の情愛 (ソーニャ文庫) -
狂王の情愛 (ソーニャ文庫) -

あ、これすごくいい。故国で冷遇されていた王女さまが人質に出された先の国の王子さまに気に入られて……というフォーマットをなぞりつつも、そこに暗い感情が入りこんで、ぞくぞくするような終盤の展開に仕立てられてて。こういうインパクトのある話、好きです。こんなかわいらしいイラストでほの暗いキャラの話を描いてくるんだから、それはもうギャップがすごいこと。途中までは、新天地で大切な人と出会って幸せになりましためでたしめでたしで終わる流れかと思ってたんですけどね。それには王子さまが過保護すぎたというか。いえ、このくらいの過保護はべつに珍しいものではないように思うので、むしろその過保護を大切に思われてる程度ですんなり受け入れてしまえた王女さまとの組み合わせの相乗効果でしょうか。幸せな箱庭にヒロインを閉じこめようとするヒーローは過保護の範疇だけど、そうとは気づかずに箱庭の中で幸せに過ごせてしまうヒロインはどこかに欠落があってやばいというか。むしろ物静かで聡明な王子さまが狂王になる原因はほとんどこの王女さまだったというか。多くを望んだわけでも、性格が悪かったわけでもないのに、それにもかかわらず王の臣下を恐怖に駆り立てる。これは傾国とかそういう類の女性でしょうか。いやおそろしい。でもいちばんぞくぞくさせられたのは、故国の父や異母姉たちに対する素直な気持ちがもれ出た瞬間ですね。いつも笑っていてほしいと亡き母から言われ、多くを望まないで生きてきた彼女の中に確かに育っていた感情。それを思うとなんともいえない気持ちにさせられること。そして、その気持ちを自覚したうえで、箱庭の愛に幸せを覚える描写がすごくよくてですね。このレーベルらしい愛のかたちだなあなどと、しみじみ思わせてくれる一冊でした。

あと、この流れでいうのもなんですけど、ヒロインが世間知らずなのをいいことにいろいろいやらしいプレイを覚えこませてる展開も、えろ的になかなかぐっとくるものがありましてですね。そういう面でもなかなかいいものでした。(いろいろ台無しになった感)


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。