2017年06月07日

あの娘にキスと白百合を(4)

あの娘にキスと白百合を (4) (MFコミックス アライブシリーズ) -
あの娘にキスと白百合を (4) (MFコミックス アライブシリーズ) -

バレンタイン回がたいそうかわいらしかった。先輩が好きな伊織と、そんな彼女につきあうデコ先輩の攻防に2ページちょいで満足させられた感。その後の何気に雪奈をひとり占めしてる十和子もいい感じ。前回の話ではキャラがわかったようなわからなかったような感じだったけど、そういうキャラだったのねというのがコミカルに凝集されててわかりやすい。そしてやっぱりはずさないのが白峰さんと黒沢さんですよ。本気になった黒沢さんを負かすという合意をとりつけたこともあってか、これまで以上に勝負にこだわるあまり自爆ポイントが増えていって、とてもいい感じに赤面してくれてて。たいへんかわいい。

第19話の「私が思うに友情というのは そういう風に傷つくこともあるけど… 相手の人生につき合う覚悟のことです」というセリフは百合名言ということで。

あと、小劇場の千里とあゆみって、何気に『エクレア』(百合アンソロジー)収録の話と同じ系統の関係性ですよね。この1ページがさらに膨らむとああいう話になる的な? そういう話の種がちりばめられてるのが小劇場ですし、そこからふくらんだ話というのにももっと期待していいんだろうか。期待したいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック