2017年03月30日

パレス・メイヂ(2)

パレス・メイヂ 2 (花とゆめコミックス) -
パレス・メイヂ 2 (花とゆめコミックス) -

今回もひきつづき、最高かという感想しか出てこない話であった。彰子女帝による前回の引き立てによって、パレス内部を中心に陛下のお気に入りとしての立場を知らしめられることとなった御園少年。帝の方でも、おおっぴらに引き立てたこともあって、彼に対する「ご寵愛」を隠さなくなってきてるのがとてもよくて。何かあれば畏まってしまう者たちの中で自分のわがままにつきあってくれる御園に心を許していたり、自分を慕うまっすぐでひたむきな姿に安らぎを覚えている様子のいちいちにもだえさせられる素晴らしさ。そして、外部から彼に勲章が与えられそうになるとすげなく拒否してみせて、自分の手で公式のものではない「ささやかな勲章」だけを与える場面。彼は自分だけのものだという意図の表れのようで、もう最高としかいえません。

鹿王院宮のほうはどうなるかと思いきや、直接的な事態にはならない様子。むしろ同じ彰子様を好いた男同士、帝のことを大切に思う者同士、対立するだけではなく協力関係にもなれるというのは、なかなかいい関係になってきてますよね。とはいえそれはそれとして外堀から埋めにかかってきてはいるので、緊張感は消えてくれないのですが。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。