2017年03月19日

新米姉妹のふたりごはん(2)

新米姉妹のふたりごはん2<新米姉妹のふたりごはん> (電撃コミックスNEXT) -
新米姉妹のふたりごはん2<新米姉妹のふたりごはん> (電撃コミックスNEXT) -

今回もあやりさんがとてもかわいい。それまで当たり前にしてきた料理だから、家族になったばかりの大事な姉さんにもしっかり作ってあげるのが当たり前で、当然のようにそう考えるあまりに自分からは何も姉さんのためになることができてないとしおれてしまう姿がとてもとてもかわいい。サチのように全身でうれしさを表したりはしない人ではあっても、ふだんは家でひとりで過ごしていたという背景もあって、なにかと頼ってくれたりすごいと褒めてくれたりする姉さんからはこれでもかというほどにうれしい気持ちをもらってるのが伝わってきてましたからね。そのお返しをする機会を見つけたなら、全力でそれを活かそうとするでしょうとも。そしてそれにもかかわらず不手際があれば、やっぱり自分はどうしようもない妹なんだとへこんでしまったりもしようというもの。この辺の、無自覚のうちに自分を卑下して、姉さんを前にすると肩に力が入った感じを思わせるのがかわいくあり。サチの方は天然でそれに気づいてない感じではあるんですが、そうでありながらもナチュラルに自分のために何かをしてくれるあやりに感謝の気持ちを伝えてなぐさめ励ますことのできる筋金入りのポジティブさが、話を暗くさせてくれなくていいんですよね。あやりさんが下手するとどんどん自己嫌悪のサイクルにはまってっちゃいそうなくらい深刻に考えすぎるところのある性格だけに、いい姉妹になってると思います。サチもサチで、ちょっとおバカなところもあるけれど、あやりといると、すごいすごいと彼女のことを褒めて、(主に料理面で)いろんなスキルを引き出してくれてるところがあるといいますか。それもあってか、LINE的なメッセージアプリでのあやりさんのサチ姉さんへの返信速度が速すぎてちょっと不安になったりするところもありますが、姉さんのことが好きなのがわかってとてもいいものです。ラストの、まっすぐに向けられるきらきらとした感謝や妹思いの気持ちによって感情がオーバーヒートしそうになってるあやりさんとか、本当にかわいかったですし。姉さんの前ではきりっとしてみせようとする姿とのギャップがたまりませんでした。

それと、サチに妹ができたことで微妙に話し相手を取られた形になってる絵梨の方も最後のところでなにやら面白そうな描写の挿話があり。この辺、どうなっていくのかも楽しみなところで。3巻も楽しみにしたいです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。