2016年12月19日

安達としまむら

百合ということで少し前から気になってはいたんですが、投票受付中のSUGOI JAPAN Awardの候補に選出されているのを見て、よしじゃあ読むかと手に取ってみた一冊。

安達としまむら (電撃文庫) -
安達としまむら (電撃文庫) -

しまむらを意識しだした安達がいろいろと挙動不審すぎてにやける。勢いでしまむらに甘えかかってみて、かえって距離の近さにてんぱりまくって頭ぐるぐるになって、このままじゃおかしくなってしまいそうに感じた末にものすごい勢いで逃げ帰ってじたばたしてるのとかね。もうね。いやー……うん。こういうのもいいよね。女の子同士のによさですよね。

安達の気持ちも、まあわからないではないんですけどね。家でも学校でも孤立してたところになんとなくいっしょにいるようになった相手を特別に思いだして、けど相手からしてみたらそれほどでもなくて、自分のほかにもそれなりのつきあいのある人たちがいるという、そんな事実を知ってしまったときの頼りなさ、自分だけの一方通行な気持ちだったのかみたいな不満みたいなのとか。相手にも自分のことを同じくらいに思ってほしくて対抗心を燃やしてみたりとか。この1巻を通してふたりの距離感は縮まってるような、縮まってないような。また次の巻でも同じような感じのことがくりかえされそうにも思えますが、もしそうだったときは、安達がどこまでがんばれるかに期待してみましょう。にやにやと。

一方のしまむらが他人をあまり自分の懐に入れたくないと思ってるタイプなのが、この先どうなるんだろうかと気になる気持ちを抱かせるところではあり。安達という授業のサボり友達はおり、クラスに出たら出たでそこにもまたふつうに友達はいてそれなりのつきあいをしている。けれど、どちらにしても一定以上に踏みこませはしないし、その気配を感じるといかにもめんどくさげな心理を抱いてもいる。かといってほかに誰か信頼する相手がいるのかと思えばそういう様子も見られない。どうもそういう性格っぽいんですよね。気ままに、ほどほどに、生きていたいという感じ? そんな感じなんで、一人だけものすごい気持ちが高まりまくってる安達に対して、しまむらがどこまでつきあう気でいられるのか。どこかで心境の変化が起こるのか。そういうあたり期待しながら読んでいきたいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。