2016年12月12日

異世界修学旅行

異世界修学旅行 (ガガガ文庫) -
異世界修学旅行 (ガガガ文庫) -

突然異世界に転移してしまって、魔王を倒すことになったり冒険の旅が待っていたり、生きていくための戦いやもとの世界へ帰るための探求が始まったり……なんてことはなかったという話。いやもう本当になにもすることがない。クラス全体で異世界に飛ばされてしまったとはいうものの、飛ばされた先の世界は平和だし、王女に保護されたから身の安全も保障されているし、もとの世界に帰る手段もばっちりわかっているときたものですよ。どこをどうみてもなにごとも起こらないはずだったんですよね。

けれどもそれを、せっかく修学旅行中だったんだし、異世界で異文化交流しながら修学旅行してしまおうと動きだすのはなかなか面白い流れ。どうも転移途中ではぐれたクラスメートがいるらしいとわかったということもあり、異世界転移という普通ではない体験の中、それでも自分たちの考えで主体的に動いていこうとするキャラクターはいいですね。まあ、面白いこと好きの王女が煽った部分もあるけれど。というかこの王女、ごくまれに王女っぽいところを見せるくせにふだんが日本のマンガとか読みふけってクールジャパンに染まりきってるせいで会話がとても異世界とは思えない感じなってたりして、これはハイファンタジー宝田ならずともキレたくなりますわというところ。むしろ普段ボケたおしまくってるせいでたまに立派なこと言いだすとイラっとするレベル。

クラスメートもほとんど個性派ばかりで、ツッコミ役の主人公の影が薄くなってますが、そんな主人公と幼馴染の関係の行方はというところも気にしつつ次の巻にとりかかりたいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。