2016年11月12日

エスケヱプ・スピヰド(6)

エスケヱプ・スピヰド 六 (電撃文庫) -
エスケヱプ・スピヰド 六 (電撃文庫) -

ついに脱落者が出はじめた。9人の《鬼虫》の仲間たちのうち、最初は九曜と竜胆のふたりだけだと思われていた生き残りが、話が進むにつれてひとりふたりとかつての因縁にみちびかれるようにふたたび集まりだし、衝突がはじまった。過去からつながる因縁の糸が太ければ太いほど、それがぶつかりあえばただでは済まないとわかっていたのですが、それでも退場していくキャラを見送るのはつらいですね。仲間が合流すればするほどにかつてのにぎやかだったころの9人の様子がうかがえてきていただけに、やっと取り戻せた仲間たちとのこれからの日々がぽろりとこぼれ落ちていくのを目の当たりにするのは。ひとりで何十何百何千の敵をも相手どれるすさまじい存在でありながら、その素顔はとても人間らしい感情にあふれていたと知ることができてきただけに。悲しい。やるせない。けど、ここが運命と決めた彼ら彼女たちの最後のきらめきはやっぱり印象的なんですよね。今回の柊がそれを象徴するように。目の前に自分のなすべきことがある。自分にしかできないことがある。それならば、たとえ命が失われてもそれをやり遂げようとするのが彼ら彼女たちなんですよね。そして、そうして燃え尽きていく姿は、やっぱり彼ららしいと思ってしまうところがあるんですよね。だって、彼らはもう、すでに一度死んでしまった身だから。死んでしまったはずなのに、死にぞこなって、よみがえって、いわば延長戦を生きはじめた者たちだから。よくわからないままにぱったりと止んでしまった戦争ではなく、今度こそ必ずこの国の未来のためにと信じて戦える戦いが目の前にある。ならば今度こそ、後顧の憂いなく渦中にその身を投じようとしていく彼らを、どうして止めることができるか。見ていてつらいけれども、それでもどうしてもそれはできない。してはならないと思ってしまうんです。叶葉と出会って変わった九曜を、過去の彼を知る者として未来の先々まで見つめていってくれる仲間が、ひとりでも欠けてほしくないと思うのに。前の巻までで積みあげ張り巡らされてきた因縁のもつれあいを思えば、これはまだまだ前哨戦のようにしか思えなくて。決着がつくはずの次の巻ではさらなる犠牲者が出てしまう気がしてならないんですけど、それでも九曜たちには悔いのない決着をつけてほしいと思ってしまうんです。そこまでたどりつくまでにさらに誰と誰が欠けてしまうことになるんだろうかと、考えるほどにこわくなってくるんですけど、それでも、彼らが命を賭すこの戦いの結末と彼らの行く末を見届けたいと思うのです。次、いよいよ本編最終巻。心して読んでいきたいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。