2016年09月14日

エスケヱプ・スピヰド(5)

エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫) -
エスケヱプ・スピヰド 伍 (電撃文庫) -

すごい。徐々に明らかになる敵側の面々が、主人公側とことごとく対になるような人物ばかり。一巻からして、過去を背負い、過去を乗り越え、いまを生きようという心情がばしばし伝わってくる話だったけど、ここにきてさらに過去からいまにつづく宿縁めいた対立の構図が見えてくる。その、これでもかどばかりに絡みついた過去からの因縁の、一気に弾け出す瞬間に向けて、ぞくぞくと期待混じりの震えが這い上がってくることといったら。両者の最終的な対決に向けて、どれだけお膳立てするつもりなんですか、この作者さんは。ここまでくるとさすがに並び立てない人たちもいそうで、その結末に至るのがこわくもあるんですが、でもやっぱりその先にどんな未来を見せてくれるんだろうかと期待せずにはいられない。このはりつめていく緊張感、たまりませんね。

あと、鴇子様の対になる存在としていきなり姉上様が登場したことにテンションが上がりまくりですよ。鴇子様って、皇女の記憶を持ったクローン体っていう、わりと属性分類上で扱いの微妙なキャラなんですけど、その姉上様は、これは正真正銘の皇女その人であるわけで。これで何の迷いもなくこの作品を推せるぞと……って、何の話ですか。そうじゃなくて、ここまで皇室が話に関わってくることは特になかったにもかかわらず、ここにきていきなりの登場。それも、敵側にただの一部軍人たちの暴走では片付けられない正当性を与える神輿になれるだけの権威を備えた人物。こうなると、対立の構図としてもいよいよもって白黒はっきりつけないわけにはいかなくなってきますよね。本当に、憎らしいほどの配役でよ。まあ、鴇子様同様の存在である可能性はまだ否定できないのですけど。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。