2016年06月11日

魔法の使徒(下)

魔法の使徒下 (最後の魔法使者第1部) (創元推理文庫) -
魔法の使徒下 (最後の魔法使者第1部) (創元推理文庫) -

なんとか手に入った〈最後の魔法使者〉シリーズ第1部の下巻。 

〈生涯の絆〉で結ばれたタイレンデルを喪ったヴァニエルの嘆きと失意の底に沈んだ様子がとてもじっくり描かれててよかったです。彼の師や〈共に歩むもの〉がどれだけ彼を励ましても、どれだけ彼に生きていてほしいと伝えても、魂の半分を失ったも同然のヴァニエルにはもうそれ以前に感じられた喜びが二度と得られないことはいやでも理解できてしまって。生きることに期待を見出だせない苦しみというのはいかばかりのものか。そしてそれが生涯にわたって続くことがわかってしまう心境というのは。しかも、大切な人を亡くしてしまったその場に自分自身もいて、させたいようにさせなければ最愛の人の心の一部が死んだようになってしまうと理解できてしまっていたがゆえに、止めることさえできなかったとしたら。どれだけ慰められようと自責の念に駆られつづけるヴァニエルの心理が痛切なほどに伝わってきてつらい展開でしたね。読んでいて心地のよい文章を書く作者がこれでもかとばかりに悲しみに嘆き暮らす人物を描くものだから、頭のてっぺんまでどっぷりとおちこんだ気持ちに沈みこんでしまうことといったら。けど、そういうひたすらにうしろ向きな思考をなぞっていくのって、それはそれで快さがあるんですよね。やっぱり自分、こういうのにシンパシーを感じるタイプなんでしょうか。それはともかく、悲しみを胸に抱えながら、それでも〈使者〉としての天性に目覚めたヴァニエルが、今後どのような生きざまを見せてくれるのかというのは気になるところですね。同一世界の後代の話では英雄物語の主人公として語られるほどの人物。いまはまだその片鱗がようやく感じ取れだしたものの線の細さが目立つ少年にしかすぎなくて。三部作の残りの二作ではまたどれ程の苦難に陥ることになるのでしょうね。今回は、それほど理由らしい理由もないまま失意の底から気持ちが上向いていってしまった印象でしたが、それはともあれ、残りの人生に大いなる喜びは残されていなくても小さな喜びはまだ無数に存在するんだとか、なにより生きていてほしいと心から願う人にとって世を儚む行為は自分と同じような悲しみを他者にもたらすことになるんだと、そんな感じの説得の言葉は、ちょっとおちこみぎみなこちらの心にもじんわりと響く言葉ではありました。そしてそれを実感させてくれたのは、他のだれでもない、このシリーズで特徴的な〈共に歩むもの〉の存在でしたね。絆で結ばれた相手と心を通わせて、どこまでも優しく寄り添ってくれる、幻想的な存在である馬。今回も、ヴァニエルに拒絶されれば距離を置きながらも、それでも誰よりも彼のことを案じつづけたイファンデスの健気なまでの献身ぶりはなによりの癒しでした。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。