2016年05月30日

2015年の読書まとめ

2015年は79冊。2014年は205冊だったのでめちゃくちゃ減りました。2015年年初に立てた目標の達成度についても、

一、本の感想でできるだけ多くブログを更新する。  →  ライトノベル・本カテゴリで12回、マンガカテゴリで1回、Web小説カテゴリで2回、合わせて14回しか更新できず。

二、新刊に追いつく。  →  遅れが1年半くらいから2年くらいに拡大。

三、読了数では半期に100冊、年に200冊を堅持する。  →  79冊。

という壊滅ぶり。その他、できればというくらいであげていた非ライトノベルレーベルの開拓の方で、ファンタジージャンルならこちらも面白そうなものが結構ありそうに感じられているのはひとつ収穫かなと思うんですが、主要項目のぼろぼろぶりをかんがみると喜んでもいられないという。

さて、そんな2015年、小説読まずにいったい何をしていたんだというと、前年からひきつづき艦これをしてましたということになります。艦これの方の更新頻度も低かったですが、ゲームをしたり二次創作を摂取したりなんだりと、12月をのぞいてはほとんど艦これ中心の趣味生活を送ってたはずです。そっちの方が難航しだすとなおさら本を読む方に影響が出たりもしましたが、艦これをしてるときの楽しさはお気に入り級の小説を読んでる楽しさに匹敵するものではあったんですよ。ただ、一度途切れちゃうと再開するきっかけをなかなか見出だしづらいものでもあるんですが。

それと、意外なところで、お気に入り本の常連でもある『氷と炎の歌』シリーズを読んでいて、期待通りに楽しめないことで読書のペースを崩してしまうということが一、二回あったのは、これはどうとらえたらいいところなんでしょうかというところ。読み終わってから振り返ってみると、面白かったになるんですよ。続きを読まないなんて選択肢は頭をかすめもしないんですよ。それなのに、読んでるときはどうにも物語に入りこみきれずに、疲れてしまって時間のわりになかなか読み進められない。そんなシリーズではなかったはずなんですけど……。ハードカバーで上下二段組みのせいかなー、とか考えてみたりしましたがよくわからないままです。

読んだ本の内訳としては、(自分定義)ライトノベルが49冊で非ライトノベルが30冊。割合的に非ライトノベルが増えているのは年初の目標に沿った傾向ではあるものの、総合的な数が数なのでこれではどっちつかずな状態でしょうか。ともあれ前年との違いをあげれば、海外のファンタジー作品ばかりだったところに日本人作家のものも増えてきているので、うまくバランスが取れるようになってきているかというところ。ただ、日本人のファンタジー作家はかなりライトノベルに偏っているので、今後もこれを維持できるかはわかりませんが。

Web小説の方では、まったく目標通りにいきませんでした。前の年では、2,3か月に一つくらいは紹介したいと思える作品に出会えていたんですが、2015年はそれがまったくといっていいほどなく。感想記事を書いているのは二つともエロなんですよね。しかも、以前読んだところから読みつづけようにも、1年以上間が空くと更新分が何十万字にもなっていたりして。それで以前のわくわくしながら読み進めていた気持ちを忘れていると、もうただひたすら分量の多さが大変としか感じられなくなってしまっている自分がいました。ちょっとしばらく、Web小説を読んでる余裕はなさそうです。

そんな感じで、以下、2015年に読んだ中からのお気に入りを、いつものようにシリーズごとに全部で6つ(うちライトノベルが2つ、非ライトノベルが3つ、Web小説が1つ)。といっても、そんなに数を読めてないので、ほとんど1シリーズ1冊くらいしかないのですが。ともあれ、上からお気に入り順です。

[☆☆☆☆☆]五神教シリーズ 影の王国(下) / ロイス・マクマスター・ビジョルド  影の王国(下)感想
影の王国 下 (創元推理文庫) -
翻訳ファンタジーより。2015年の一番はこれ。このシリーズで描かれる「救い」の熱量は、すさまじいまでの力でこちらの感情を揺さぶってくるんですよね。本当に、素晴らしいシリーズだと思います。シリーズ4作目も、本国では2015年に発売されたようですし、そちらの翻訳も心待ちにしたいです。

[☆☆☆☆]ヴァンパイア・サマータイム / 石川博品  感想
ヴァンパイア・サマータイム (ファミ通文庫) -
ライトノベルより。語り口や設定の奇抜さでまず注目される作家さんではありますが、その人が正面から青春物語に挑んだときのこのもどかしい心理描写の妙。石川博品のこういう話が読みたかったんですよというまさにずばりの一冊。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌 竜との舞踏(1)〜(3) / ジョージ・R・R・マーティン  第五部1巻感想 第五部2巻感想 第五部3巻感想
竜との舞踏 1 (氷と炎の歌 5) - 竜との舞踏 (2) (氷と炎の歌 5) - 竜との舞踏 (3) (氷と炎の歌 5) -
翻訳ファンタジーより。登場人物の拠って立つ足もとの地盤を揺るがすことで安心できない緊張感を生み出すこのシリーズお得意の展開が冴えわたった第五部。いずれ来るだろうと予想はついていてもはらはらと落ち着かない気分にさせられてしまうのだからうまいですよね。さらに、そうして水嵩を増していった流れがついに決壊を迎えるその瞬間の、なにもかもをめちゃくちゃにしてしまう力の発露は、それがだれも抗えぬ圧倒的なまでの暴力であればあるほど、もはや痛快というほかない歓喜を覚えさせてくれます。Khaleesi! やはり彼女は最高です。

[☆☆☆☆]トロイの言葉 〜いつもと同じ彼女のままで〜 / ヘーゼンスキー  感想
(※R18注意)http://novel18.syosetu.com/n7117dg/ (感想記事中のリンクとはURLが変わってるみたいです)
Web小説より。おねショタ・催眠・無反応等々のフェチを詰め込んだ素晴らしい官能小説であり、ラストの展開に衝撃に打たれる驚愕の小説でもあり。

[☆☆☆☆]ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(4) / 宇野朴人  感想
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンIV<天鏡のアルデラミン> (電撃文庫) -  (手持ちの本とは表紙イラストが違ってますが)
ライトノベルより。一話一話、読み終えるごとに満足感を得られる話を通して進んでいく、これは短編小説の面白さですね。次の巻がどうかはわかりませんが、ちょうどこういうのをもっと読みたいと思っているところなのでした。

[☆☆☆☆]夢幻諸島から / クリストファー・プリ―スト  感想
夢幻諸島から (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) -
翻訳ファンタジー(?)より。その地に行ってみたいと思わせる、そんな魅力あふれる描写もファンタジーのよさですね。

以上です。

最後に、2016年の目標としては、月10冊ペースの読了が現状でどうにかこうにかというところだと思うので、もう少しがんばって月12冊で年間144冊を目指していきたいと思います。

ほかにもやりたいことはいっぱいあるんですが、あんまり頭の中で計画がかたまっていないことばかりなので、今のところはそんな感じで。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。