2016年04月06日

2015年11月の読書まとめ

11月は6冊。『氷と炎の歌』に時間を取られたか。面白かったは面白かったんですが、どうにも読むのにエネルギーを要したというか。2巻の感想にて、文章は問題なく読めるようになったと書いたはずなんですが、この巻ではまたしても文章に乗りきれない場面が多くて、こんなはずじゃないんだけどなーと違和感をこらえながらの読書だったせいでしょうか。そのせいかわかりませんが、それを読んでた月の下旬ごろに調子を崩してしまって。体調不良というわけではなく、精神的なリズムの面で。趣味の方面でのやる気がかなーり落ち込んでしまって、次の月にも回復しきらないままになってしまったという。そういう意味ではわりと転機の月だったと言えるかもしれません。いい意味では、まったくありませんが。

そんなこんなで、11月読んだ中からのお気に入りは以下。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌(5)竜との舞踏(3)  感想
海外ファンタジーより。手詰まり感に気が塞いでしまいそうだったデナーリスに、ついに状況に風穴を開ける特大の一撃が。待望の瞬間は圧倒的な力にものを言わせてこちらの心を揺さぶってくれましたよ。しかも、その転換点はまだもうしばらく続いていきそうで。第六部への期待もいやが上にも高まります。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。