2015年06月30日

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン(4)

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫) -
ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (4) (電撃文庫) -

なんだろう。ここに来て急に面白くなったように思う。しかも、今年読んできた中でも指折りなクラスで。理由はよくわからないんだけど、読んでるうちに自分の中でどんどん期待値が高まってきてるのを感じます。もともと一作目、二作目は気に入ってた作者さんではあったんですが、三作目もここに来て俄然気になってきましたよ。しかも、期待する理由は、一、二作目とは違うように感じられるんですよ。以前の作品は設定の面白さもさることながら主人公のキャラクターがかなり好みで、その辺りを主に楽しんでたはずなんですよ。けど、この作品、この巻の場合だと、そのいずれでもない。純粋にお話を楽しめているんですね。それも、ストーリーを楽しんでるというよりも、漠然とした言い方なんですが、小説を読むこと自体を楽しんでいるというか。特に、今回の話は章ごとに時間も場所も切れ目があって、けど話は一つ一つがそれで完結してる。いわばいくつかの短編ないし中編での連続で構成されているような巻だったんですが、そのどれもこれもが読み終わったときに満足感といくばくかの余韻を残してくれる素晴らしい話だったんですよ。第一章を読んだときに高揚感を抱き、最後の章を読み終えたときには心地よさとともに息をつける。これはもう、この巻だけですでに評価されるべき良作だと思いますよ。読んだ感覚としては、一冊で二、三冊分くらいの内容を味わえたような満足感。シリーズの展開としてもそれくらいの内容を一気に凝縮したんじゃないかと思えるくらいの読みごたえ。前の巻から5ヶ月と、ラノベとしてはやや間が空いてる方とも言えるんですが、この内容なら全然問題ないというか。むしろ、早いくらいなんじゃないかとも思える充実ぶり。ちょっと、この作者さんは改めて注目必至なんじゃないかと思えてきました。次の巻も期待しないわけにはいきませんよ。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。