2015年03月05日

ホラーアンソロジー(2)“黒”

ホラーアンソロジー2 “黒
ホラーアンソロジー2 “黒" (ファミ通文庫) -

「こんな夜には」櫂末高彰
そういうことなのかなと匂わせておいてからの実は……と明らかになる設定が面白かったですね。短編として、いい青春ラブストーリーでした。

「平家さんって幽霊じゃね?」石川博品
こんなもん笑うしかないやろ! キャラの名前も、どこか古典っぽい(もっというと平家物語っぽい?)し、会話で出てきたゲームの名前もそれっぽいし、けど主人公いわく現代的な不良らしいという平家さんが、いざ登場するやいきなりあのしゃべりですよ? もう意表を突かれたというか、シュールすぎるというか。そのファーストインパクトに対する真っ当なツッコミはあっさりと流されてしまうし、その間にも平家さんやらケンゴウ先輩やらは自分たちのペースだしで、かけあいの端々で笑わせてくれること。でもやっぱり一番は平家さんですね。彼女がしゃべるだけでいちいち腹を抱えそうになってしまうからずるい。あとがきといい、このネタに走りまくった感じ、やっぱり好きですね。

「彼女はツかれているので」森橋ビンゴ
これ、ホラーっていうよりホラー風の異能物語ですよね。それでいて一番字数が割かれているのがラブコメであって、その部分も読後感爽やかでいいもので。この設定で長編になったものを読んでみたくなる。そんな話。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。