2014年06月19日

オーバーロード(3)鮮血の戦乙女

オーバーロード3 鮮血の戦乙女 -
オーバーロード3 鮮血の戦乙女 -

これまでの、こちらの世界でちょっと腕に覚えがある程度の相手ではない、階層守護者の一人シャルティアの反逆。これは今までのようにあっさりとはいかないかとも思いましたが、なんとなんと、圧勝でありましたよ。しっかりTUEEEしてくれましたよ。まあ今回は、敗北の可能性も捨てられなかったようですし、そのためこれまで以上に戦術を練り、貴重なアイテムや装備もガンガン投入しての勝利でしたが。とはいえ、そこまで用意周到にして挑まなければならなかったとしても、勝ちパターンは完膚無きまでの圧倒で締め括ってくれるんですよね。二度で終わらず三度も続くなら、もう断言していいでしょう。圧勝スタイルこそがモモンガ改めアインズの基本形態だと。実に清々しい戦いぶりですな。今回一緒に任務を委されたギルドへの仕打ちといい、悪役ぶりにますます磨きがかかってますよね。平然とやってのけるところを見るにむしろ、本領はまだまだこんなものじゃないのかもしれませんが。引き続き期待していきたいです。というか、巻末の次回予告が、「平和な蜥蜴人の村に、突然ナザリック地下大墳墓の軍勢が……」という感じで、完璧やりたい放題する側で笑ってしまったんですが。

ただ、パンドラズ・アクターに対する反応だけは……。まあ、決別した趣味の産物と正面から向き合うのは羞恥以外のなにものでもないんでしょうけど。こういうのって、恥ずかしがるから余計イタく見えるわけで。なんというかまあ、笑えますね。アインズ・ウール・ゴウンの仲間たちはすでにモモンガしかいないという事実に抱く寂寥感はやはりいいものですが、MMO時代からの地続きさを感じさせる意味でなかなか貴重なキャラでしたね、彼。

そして、幕間ではありますが、期待の新キャラ、リ・エスティーゼ王国の“黄金”の王女が登場。異名に違わず聡明な知性の持ち主のようで、さらなる登場が待たれますね。

ナザリック以外の世界級アイテムの所持が発覚したことで、この世界でのアインズたちの絶対優位は崩れましたが、冒険者としての地盤は着実に固まってますし、今後ナザリックの勢力拡大に向けても本格的に動き出すようですし、まだまだアインズたちの進撃は止まりそうにありませんね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 17:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック