2014年05月29日

瑠璃龍守護録 花嫁様をご所望です!?

瑠璃龍守護録 花嫁様をご所望です!? (ビーズログ文庫) -
瑠璃龍守護録 花嫁様をご所望です!? (ビーズログ文庫) -

前回から引き続いての青萍出張編の後編。

ようよう二人の気持ちが向き合ってきましたね。ヘタレと思い込みのカップルで、微妙に食い違った互いの感情がどうしたら通じ合えるのかとなかなか難しそうにも思えてましたが、案外すんなりいったもので。それも夕紅と元陽の助言のおかげ、さらには鈴花の父の幽鬼のおかげですね。ヘタレな黎鳴に懇々と言い聞かせ、自分を過小評価する方向で思い込みの激しい鈴花に自分の希望として伝えることでやんわりと諭してみたり。そうしてもう二度と会えなくなる大切な人の前で気持ちをはっきりさせ合わせる。ようやくここまでたどり着けたんだなあとも思いますが、逆に言うとそこまでお膳立てされないとしっかり気持ちを伝え合うことができなかったということで、なかなかに面倒くさい二人でしたねえ。とはいえまだ気持ちが通じ合いだしたところ。旦那のちょっと過激な愛情表現に思い出し悶絶を繰り返してては夫婦生活は身が持ちませんよ。や、まあ、そんな様子も初々しくていいものではありますが。なにはともあれ、半仙王子としての黎鳴の境遇のこともありますし、鈴花としてもどういう立場で黎鳴の隣にいたいのかということもありますし、引き続き楽しみにしたいところです。

それと今回、そんな黎鳴と鈴花の二人に並んで印象的だったのが真動と夕紅の二人でしたね。この二人、一方的に真動が夕紅に遊ばれているようにも見えていましたが、真動が己の不名誉も省みず夕紅をかばう姿が、一山越えて消耗してたところだけにそれはそれは頼もしくて。これはこの二人、本当の関係に進展の予感?
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。