2014年03月31日

篠崎さん気をオタしかに!(2)

「今日も篠崎さんは絶好調だなー」というクラスメートの心の声に激しく同意したくなる一冊でした。毎話毎話、もう笑わされっぱなしで。基本的に一話完結型のスピード進行の中にネタをあっちこっちにぶっ込んでくるから面白いんですよね。

面白さのポイントでいえば、1巻の時だと、篠崎さん視点で見る楓の可愛さを楽しんでた部分も結構ありましたけど、今回はとにかく篠崎さんとかその中学時代の友人たちのフルスロットルな暴走ぶりが印象に残ってますね。妄想爆発させたり無駄なところで力入りまくっちゃって猛烈に後悔してる秋菜とか、ボケとツッコミが揃ってて放っとくと勝手にどこまでもヒートアップしてく千草・桃子・小夏の友人トリオとか、女の子たちが全力でバカやってるのが楽しくて仕方ないんですよ。それに真氏もいい味出してますよね。

この感想書くためにパラパラ見返してるとどのページを開いてもまた笑わされちゃう。そんな面白さ。ネットで読んでたのは番外編までなので、その分、それ以降の話は新鮮に楽しめているというのもあるのかもしれません。ともあれ、とてもいいところで3巻に続いてしまったので、続きがとても気になります。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。