2014年01月27日

彩雲国物語 黄金の約束

彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫) [文庫] / 雪乃 紗衣 (著); 由羅 カイリ...
彩雲国物語―黄金の約束 (角川ビーンズ文庫) [文庫] / 雪乃 紗衣 (著); 由羅 カイリ (イラスト); 角川書店 (刊)

1巻は爺さん‘sが影の主人公だったかという感のある話でしたが、2巻は戸部尚書や燕青あたりを中心に動くお話でしたね。え、ヒーローとヒロインですか? またしても影が薄めでしたね……。いや、主上はともかく秀麗はほとんど出ずっぱりでしたっけ。戸部尚書ともばっちりコネができたりと何気にその後にかなりの好影響がもたらされそうなイベントをこなしてたりもしたのですが、いかんせん地味ですよねえ。国試合格の未来は既に1巻のラストで明かされているだけに、そこに到る以前の下積み時代は華に欠けるというか。まあ自立心のあるしっかり者気取りな秀麗が、主上とあんな別れ方をした後でほいほいと国試に挑戦したりはしませんよねというところ。今回は、主にその意思を確かにするお話。そこ行くと、燕青のキャラはこれまた実にうまく利いてましたね。1巻でもぼんやり読み進めてたら緻密に収束する話を楽しませてもらいましたが、この巻でも飄々とした燕青の為人を当初はあやしみこそすれ、だんだんと彼が秀麗の傍にいるのが当たり前のように物語に溶け込んでて、そうしてラストではそうだったのかと驚かされる。この流れ、やっぱりうまいですよ。それに、ヒロインと似たような境遇の人物がいて、お互いに前向きな影響を与え合うというのは、やっぱりいいお話ですよね。しかも、秀麗から燕青への影響において、彼女、ほとんどのところ知らず知らずなんですよね。これ、戸部尚書に認められたことといい、地味にのちのち活きてきそうですよ。

今回はギャグ担当かと思っていた爺さんがなにやらまた不穏な動きを見せていますが、次回はどんな話になっているのでしょうね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。