2013年09月20日

不死王の息子 (作者:日向夏)

http://ncode.syosetu.com/n2023bc/

まだ状態は連載中になってますが、本編はもう完結しているのでいいかということで。

読後の感想をぱっと浮かんだひと言で済ませてしまうと、山田少年がいい感じに変態で、随所で笑わせてもらいましたというところで。まあそれくらいコメディとしての印象が強かったということですね。

でも実は、この作品でもっともいいなあと思ったポイントは、小学六年生のときに出会った由紀子と山田少年の距離感がだんだんと縮まっていくところだったように思うのです。思えば最初は恋愛感情というものすら知らず、トラブル体質の山田少年の世話係をする由紀子とそんな彼女になんとなく懐いている山田少年というくらいの感じでしたっけ。それが、年を重ねていくうちにだんだん山田少年が積極的になってきて、そうなると由紀子の方も意識せざるを得なくなってきて、でも変に意識しすぎると恥ずかしくて仕方ないから考えないようにしてみたりとか、この辺の時間の経過と精神的な成長に合わせるように段階踏んで距離を縮めていく様子がこそばゆいくらいで、でもそれが読み心地よくもあって。たいへん楽しませてもらいました。

さて話は戻ってラブコメのコメな部分について。言いかえると、ボケ担当の山田少年について。距離を詰める際の彼の手口がそれはもう変態的なのに紳士的というか。何と言ったらいいか、彼って、由紀子にとってこれ以上のことをされたら嫌悪するというラインの五歩ぐらい手前の、恥ずかしいんだけど怒るほどでもないかという絶妙なところを攻めていくんですよね。そうしているうちに由紀子にとってはだんだんそれが普通になってきて、嫌悪ラインが少しずつ拡張されていくので、それを見計らってまたさらにその五歩手前くらいをついていく。すると次第に、それ友人同士ですることじゃないよねと思えることも、由紀子の中では山田少年なら仕方ないかで済まされるようになっていって、気付けば本人のつもりはどうあれもう実質的に付き合ってるのと変わらなくっているという。なんという策士。どんどん由紀子の外堀が埋められていく様子を「おい山田ァ!」とかつっこみながらにやにやと楽しませてもらいました。なんというかもう、結構なものをありがとうございましたという感じ?

ただ、大切な人との出会いを通してそれまでまったく思い及びもしなかった世界に旅立つことになる話というのは大好物なはずなのに、いまいちラストの余韻に浸ることができないのは、まあ我が身の卑屈さの投影ですかね。もったいないことしたなという気分ですが、仕方のないところ。

そんな感じで、全体的にはしっかり楽しいお話でした。書籍化作品もある作者さんだけに、実力は十分と言ったところだったでしょうか。苦手な現代物でも(ファンタジー要素も多分にありますが)十分に楽しむことができました。

番外編もノリは相変わらずで、そこにときどきその後の話があるのが余韻に浸らせてくれます。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Web小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。