2013年06月22日

フェノメノ 美鶴木夜石は怖がらない(ビジュアルノベル版)

ビジュアルノベル版の特設サイトはこちら

最前線のWebサイトで公開された分はすでに目を通して存分に震えさせてもらっていたのですが、ビジュアルノベルという媒体で体験することになるとまた違った印象になってきますね。効果音やBGMがつくことで一番に変わってくるのはやはり臨場感。ホラーであるだけにここは最も重要というか。この話を読むのは2回目に当たったわけですが、そんなことも気にならないくらい主人公のナギ同様に降りかかる怪異現象にびくびくさせられることになりました。小説版とあまり比べるのもなんですが、真っ先に思い浮かぶ相違点は一番怖いと感じた箇所ですかね。小説の場合は、たいしたことでもなく一件落着と思っていたのが覆されるラストシーンだったのですが、こちらのゲーム版におけるその場面の夜石はナギに真実を告げることに対するためらいや後ろめたさのようなものがにじんで見えて。カウントダウンの数字が減っていくことに怯えている過程の方がまだしも純粋に怖さを感じていられたように思います。

なにはともあれ、Webで読んだバージョンだと特にイラストはなかったように記憶しているので、立ち絵等でビジュアルがたくさん見れたのはよかったですね。個人的に、夜石のあの吐瀉シーンがばっちり収録されてたのが最大のポイントだったり。

そんな感じで、小説ばかり読んでたからその気分転換にと初めて見たものでしたが、一年ほど前に読んだ時の記憶が蘇ってきたこの辺りで書籍版の方にも手を出してみたいところではありますね。冒頭の文章が意味するところも気になりますし。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。