2013年06月01日

ミスマルカ興国物語(10)

ミスマルカ興国物語 X (角川スニーカー文庫) [文庫] / 林 トモアキ (著); ともぞ ...
ミスマルカ興国物語 X (角川スニーカー文庫) [文庫] / 林 トモアキ (著); ともぞ (イラスト); 角川書店(角川グループパブリッシング) (刊)

帝国三姉妹だけでなくその母妃たちにまで粉かけるとは、さすがマヒロはこっちの期待をよくわかってるぜ! ……というのはさておき、三姉妹の中で今回一番出番が多かったのはユリカでしたが、一番存在感を示していたのはやっぱりシャルロッテ様ですよね。狙いが当たった点と外れ点とありましたが、だいたいは彼女の描いたシナリオ通りに事が運びましたし。まあそこにはマヒロも一枚噛んでるわけですが。しかし、前の巻でもそうだった気がしますが、マヒロってばルナスとよりもシャルロッテ様と一緒にいる時の方が馴染んで見えるような。中原を一つにまとめようとしている点で両者の目的は一致を見ていますし、すっかり弟としてこき使われてる感もあるのですが、このコンビとしての馴染みようは……。前回あれほどマヒロを構いっぱなしだったルナスなのに、登場がないとどんどんが入り込む隙がなくなってきそうな。というか、彼女、今回その影も見せませんでしたが、どこかに出張中だったりしたんでしょうか。

『お・り・が・み』や『戦闘城塞マスラヲ』とのクロスがさらに拡大してますね。途中までしか読んでない上にその記憶も薄れがちなので、それっぽいキャラが出てきてそれっぽい台詞を喋ってても、「えっ、えっ」としか反応できないのが悔しいところ。とはいえ、『お・り・が・み』のキャラはこのシリーズ的には反則的な強さのキャラばかりな印象を受けますね。そういえばあのシリーズはどんどん人外クラスなキャラばかりになっていってた気がしますから、比較的抑えめなこのシリーズのキャラたちでは太刀打ちできないのも仕方ないことなのでしょうか。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。