2013年05月10日

2013年4月の読書まとめ

先月は22冊。あれ、ペース落ちた? むしろ月の後半は時間を割くことで上げれる限界までペースを上げれてる感があったのですが……。Web小説にも時間を取られた影響でしょうか。1日20万字程度が今の自分の上限のようなので、大部な作品を読むにはどうしても時間が掛かってしまうんですよね。とはいえ、ペースとしてはいい感じだと思ってます。これ以上は速読方面を向上させないと上げれないんじゃないかというくらいには。それでも月30冊くらいにしかならなさそうな感じなので、それ以上に読んでる人は化物級ですわと改めて思わされたり。

それはともかくとして、先月読んだ中からのおすすめを6つ。

[☆☆☆☆☆]禁断の花嫁 兄王に愛されて  感想
(中華風世界で)王族で(兄妹で)近親愛で艶めかしいほどに官能的でと、これでもかとばかりに好みの要素をつっこまれてた感じがやばかった一冊。頭の片隅では許されないとわかっていても、体も心も縛られ奈落の底へと落とされていく。そういう関係はたまりませんよ。

[☆☆☆☆]氷と炎の歌(1)七王国の玉座〔改訂新版〕(上)  感想
壮大なスケールの歴史絵巻の序章を思わされる静かな幕開けに心浮き立たせずにはいられない一冊。期待としては際限なく膨らんでいるところです。

[☆☆☆☆]機甲都市 伯林(5)パンツァーポリス1943―Erste Ende  感想
氏の物語のドラマティックさは長編になるほど素晴らしく現出されてくるのだなあと感じさせられた一冊。積み重ねられた時間の分だけ押し寄せてくる思いがあるといいますか。

[☆☆☆☆]幼女戦記Tuez-les tous, Dieu reconnaitra les siens  感想
Web小説より。リバタリアンな転生軍人によるTUEEE展開が愉快爽快な一作。書籍化にも期待が掛かります。先が読めない戦争の恐怖に呑みこまれていく人々と、その中でほとんど一人だけ冷静に先を見据える人物と、本当に狂っているのはどっちなんでしょうね?

[☆☆☆☆]無色の革命  感想
Web小説より。清々しいほどに性的に後ろ暗い青春を歩んでいく感じがよかったですね。

[☆☆☆☆]不埒なマリアージュ 略奪の王子と祝福の姫君  感想
心を許したわけでもないのに無理やりされるのは嫌なんだけども体は反応してしまい蕩かされてしまう。そんな流れをヒロイン側の視点から見るのもなかなかいいものですね。

連載中のWeb小説では、藤崎悠貴さんの『古今淫話集』(R-18注意)がよかったですね。個人的にノクターンノベルズでは一番のお気に入りR-18作家さんの最新更新作です。この作者さんのR-18作品の中でお試しとしてまず読んでもらうなら何がいいかとなると、これまでなら『時を止めて』というところだったのですが、なにぶんあれは80万字を超える長編でして。今でもあれが一番よかったとは思うのですが、それだけで尻込みしてしまいそうな人もいることを考えるともう少し短い作品があるといいなと思っていました。それが、この作品を読んだときにはまさにこれだと思いましたね。短編集形式なので、一作あたりだいたい1万字程度であり、かつ短編であるがゆえにエロに不要なストーリーはばっさりカットされているためにそれだけでしっかりとこの作者さんの筆致を楽しむことができる作品群になっているんですよ。最近のジュブナイルポルノ的な作風とは明らかに異なるのですが、それがまた気に入ってるところでもあります。


そんな感じで、振り返ってみるとエロばかり読んでた感がありますね。嫌いではないですが、さすがにちょっと疲れました……。まあ今月は今月でゆるゆると読んでいきたいなということで。

以下、読書メーター貼り付け

2013年4月の読書メーター
読んだ本の数:22冊
読んだページ数:7321ページ
ナイス数:5ナイス

ミニスカ宇宙海賊8 紫紺の戦魔女 (朝日ノベルズ)ミニスカ宇宙海賊8 紫紺の戦魔女 (朝日ノベルズ)
読了日:4月30日 著者:笹本祐一
ブレイドライン6 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)ブレイドライン6 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)
読了日:4月29日 著者:水野 良
僕のパーティーが修羅場すぎて世界が救えない2 (あとみっく文庫 45)僕のパーティーが修羅場すぎて世界が救えない2 (あとみっく文庫 45)感想
ふたなりになったリナリーが、仕方ないことだからと繰り返すうちに肉棒の快楽にはまりこんでいく様が面白い。セレスティアやアルも巻き込んで毎夜、行為にふける痴態が可笑しかった。これもはやギャグですよね。言われてみれば寝取られだけど、この巻のヤマトはぱっとしなかったのでどうでもいいです。王女さまについては、疑いを持てるだけの情報もなかったのでいくつか見落としてましたけど、わかってみれば確かにあらゆる点で怪しかったですね。
読了日:4月29日 著者:上田ながの
禁断の花嫁 兄王に愛されて (ティアラ文庫)禁断の花嫁 兄王に愛されて (ティアラ文庫)
読了日:4月28日 著者:ゆきの 飛鷹
惑いの空の凶天使(ハーフ・ウイング)―ザ・サード〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)惑いの空の凶天使(ハーフ・ウイング)―ザ・サード〈5〉 (富士見ファンタジア文庫)
読了日:4月26日 著者:星野 亮
買われた王女 (ティアラ文庫)買われた王女 (ティアラ文庫)
読了日:4月25日 著者:水島 忍
七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)七王国の玉座〔改訂新版〕 (上) (氷と炎の歌1)
読了日:4月24日 著者:ジョージ・R・R・マーティン
生贄のジレンマ〈下〉 (メディアワークス文庫)生贄のジレンマ〈下〉 (メディアワークス文庫)
読了日:4月22日 著者:土橋 真二郎
王都の二人組 (盗賊ロイス&ハドリアン)王都の二人組 (盗賊ロイス&ハドリアン)感想
真相が明らかになるまで、この王女様が弟の命を心配する善良な人なのか野心を隠した悪女なのかと疑いの晴れないような流れでしたが、わかってみるとこれがまた。陰謀の存在を知ってはいても詳しいことはまるで知らないために防ぐことはできず、それでも最悪の事態を防ごうと健気な努力をするというその姿はいじらいいものがありましたね。いきなり父親が殺されてしまった少年王子が、肩にずっしりのしかかるようになった責任を自覚して気構えを持つようになっていくのもいいもの。あと、ロイスとグウェンの関係がなかなかいい感じで気になったり。
読了日:4月21日 著者:マイケル・J・サリヴァン
町民C、勇者様に拉致される (レジーナブックス)町民C、勇者様に拉致される (レジーナブックス)
読了日:4月20日 著者:つくえ
ガンパレード・マーチ 5121小隊の日常 (電撃文庫)ガンパレード・マーチ 5121小隊の日常 (電撃文庫)
読了日:4月19日 著者:榊 涼介
眠れぬ森の花嫁―サキュバスの呪淫 (マリーローズ文庫)眠れぬ森の花嫁―サキュバスの呪淫 (マリーローズ文庫)
読了日:4月18日 著者:日向 唯稀
女戦士エフェラ&ジリオラ〈4〉 (幻狼ファンタジアノベルス)女戦士エフェラ&ジリオラ〈4〉 (幻狼ファンタジアノベルス)
読了日:4月18日 著者:ひかわ 玲子
ブレイドライン5  アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)ブレイドライン5 アーシア剣聖記 (角川スニーカー文庫)
読了日:4月17日 著者:水野 良
詐騎士〈2〉 (レジーナブックス)詐騎士〈2〉 (レジーナブックス)感想
今回もルゼがいい感じに好き放題してますわ。女顔の少年を女装させてみたりお人形さんみたいな魔獣を可愛がってみたり、可愛らしい物を愛でたおして楽しそうなことといったら。被害者たちは嫌そうにしてるけど、嫌がってるのがまたいいというルゼの主張がわかるだけにこちらとしてはグッジョブと言うほかないですね。でも、逆にそのルゼに「女装」させてみるのもまたいいですねえ。慣れてないゆえに戸惑う様子がキュート。女の子とばれちゃった上はいずれこんな新鮮な反応も見られなくなっちゃうのかしら。見れるうちに楽しませてもらいましょうか。
読了日:4月16日 著者:かいとーこ
不埒なマリアージュ―略奪の王子と祝福の姫君 (マリーローズ文庫)不埒なマリアージュ―略奪の王子と祝福の姫君 (マリーローズ文庫)
読了日:4月14日 著者:仁賀奈
天翔ける螺旋の乙女(フェアリィ)―ザ・サード〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)天翔ける螺旋の乙女(フェアリィ)―ザ・サード〈4〉 (富士見ファンタジア文庫)感想
だんだんわかってきた気がする。これ、一日の終わりにちょっとずつ大事に読んでくタイプの話だ。SF的なガジェットもちりばめられているんだけど、基本的には広大な砂漠で冒険して、生きてる素晴らしさ感じて。疲れたときとかに読むと癒されそうなお話。いい雰囲気だよなあ。
読了日:4月13日 著者:星野 亮
東京皇帝☆北条恋歌 7 (角川スニーカー文庫)東京皇帝☆北条恋歌 7 (角川スニーカー文庫)
読了日:4月8日 著者:竹井 10日
円環少女 (3) 煉獄の虚神(下) (角川スニーカー文庫)円環少女 (3) 煉獄の虚神(下) (角川スニーカー文庫)
読了日:4月8日 著者:長谷 敏司
花嫁の選択 東で石は宝珠に輝く (花嫁の選択シリーズ) (コバルト文庫)花嫁の選択 東で石は宝珠に輝く (花嫁の選択シリーズ) (コバルト文庫)
読了日:4月7日 著者:小田 菜摘
姫君達の晩餐 光の平原からはじまる汁料理 (B’s‐LOG文庫)姫君達の晩餐 光の平原からはじまる汁料理 (B’s‐LOG文庫)
読了日:4月3日 著者:山咲 黒
機甲都市伯林〈5〉パンツァーポリス1943Erste‐Ende―都市シリーズ (電撃文庫―都市シリーズ (0595))機甲都市伯林〈5〉パンツァーポリス1943Erste‐Ende―都市シリーズ (電撃文庫―都市シリーズ (0595))
読了日:4月2日 著者:川上 稔

読書メーター
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書まとめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。