2012年12月10日

久しぶりにゲームの話題を……

先月の終わり頃に輸入版を購入してみたCrusader Kings 2(CK2)をぼちぼちプレイ中。

パラドゲーは初プレイ。Wikiを見て初心者におすすめとあったアイルランドの伯の中からダブリン伯を選択。1066年開始で1119年(だったはず)にアイルランド王を名乗ったところです。これでようやく第一目標達成。途中まで、開戦時の大義名分の選択次第で戦後の爵位の行方が変わってくるシステムをよく理解できてなくて、戦争には勝つんだけど領地も勢力もなかなか広がらない状態に陥ってましたが。

結局は爵位の請求権を捏造するのが一番の早道なのでしょうか。そこから公爵を名乗ってDe Jureの請求権に繋げ、その公爵位でカバーできない範囲ではまた捏造から、という方針が今のところは最も早くいけそうな感触。その方針で行ってれば、10年以上は早くアイルランド王になれてた気がしますが、慣れるのが目的の初回プレイなので試行錯誤はつきものですよということで。

とはいえ、体験版では請求権の捏造からの領土の拡大では「Wrong 〜」みたいなので家臣からの評価がマイナス受けてたような気がするんだけど、それはまた別の条件が絡んでたのでしょうか? それとも、パッチによる更新で体験版から変わってる部分もあるし、その影響なのでしょうか? 英語の説明を全部理解できてるわけではないので、誤解してる可能性も否定できないのですが。

それはそれとして、次の目標はアイルランド統一。アイルランド全体の伯領の半分以上を勢力下に収めてれば、あとはお金さえあれば王にはなれてしまうので、統一はまだなのでした。と言っても残るは一勢力、伯領としても二つだけなので、近いうちに統一できると思います。


試行錯誤の成果というか途中経過というかは、スパンが長いゲームなので成功判定を出すのはなんにしてもまだ早すぎるように思いますが、失敗判定ならいくつかできるでしょうか。

その一つが上にも書いた開戦の大義名分の件なのですが……とりあえず、「他人の請求権を行使するよりも自分の請求権獲得を目指すべし」というのが現状の対応策でしょうか。

それと、城や街などの包囲時に攻撃側・防御側の兵力が減少したりするイベントのような出来事が発生したりしますが、攻撃側にしかなったことがないのでどうすればああいうことができるかまだわかってないんですよね。ただ、攻撃側には包囲時にAssault的なボタンがあって気になってたんですが、試しにと押してみたときはちょっと後悔しましたね。なんとこれが力攻めだったんですね。敵の兵力+城塞強度の2倍強の兵力で包囲してて、まれにある1割の兵力減少くらいじゃ優位は揺るがないからというつもりだったはずが、見る見る兵も士気も削られていって包囲戦に敗北。慌てて封臣領から軍を徴収する羽目になりました。

現状ではっきりしてる失敗というと、そんなところでしょうか。他にも忘れてることがあるかもしれませんが、ちょっとやそっとのことならまだカバーできるくらいの情勢なので、明確に失敗と言い切れることは少なくなりますか。

気掛かりとしては、直轄地における一伯領当たりの動員可能兵士数が周囲と比べてやや少ないかもといったところ。これはアイルランドの外に進出する時にややネックになるかもしれないので、それまでに軍拡を進めたいところです。

現状はこんなところでしょうか。


英語の用語にはWikiを見たり見なかったりしながらテキトーな訳を当てはめてますので、自分以外にはよくわからない文章になってるかもしれません。(自分自身なんとなくでプレイしてるからいざ文章にするとき困るんだよなあ)
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。