2012年07月29日

カンピオーネ!〜まつろわぬ神々と神殺しの魔王〜 第3話「遠方より敵来たる」

ニコニコで見ていると、難点として配信翌日には次話の最速放映がきちゃうんですよね。なので感想記事を書き上げる頃には一周遅れになってしまってる感が。まあ自分のためが一番なので構わず書きますが。

今回の話、あらすじ的には「いにしえの女神アテナ、神具ゴルゴネイオンを求めて日本に来訪し、護堂、エリカより女神に対抗する鍵たる知識を教授せらるのこと」といったところだったでしょうか。

基本的な解説は、原作者による解説が行われていますので、自分なんかが下手な言葉で説明するよりもそちらを見てもらった方が断然理解しやすいでしょう。

今回の見せ場はなんといってもキスシーンでしたね。それもディープなのを。しかも2回も。力入れるところ間違ってませんかとツッコミを入れずにはいられない作りでしたが、一応キスシーンも魅力の一つではあるので、アニメとしてはこういうこともあるかなーということで。


前回「本心」を聞いたことで、護堂はエリカのことを信用できたんだろうか。うまく言いくるめられただけのように見えなくもないけど……まあエリカが護堂に惚れきってるのは間違いないとみていいだろうし、ここはあまり気にしないのが吉だろうか。後半見ててもちゃんと原作1巻時点の好感度状態になってるように思えましたし。

エリカ本人は自然と人気者になるみたいなこと言ってるけど、社交術の応用で人あたりよく振る舞うことならお手の物みたいな感じじゃなかったっけ。一応数名の女子と話してる場面はあったけど、あれは「群がってくる生徒たち」に対する当り障りのない付き合いだったのか、人当たりの良さのなせる振る舞いだったのか。どちらともとれるのでよくわかりませんね。

「世界の存亡」云々というのは、ひょっとしたらカンピオーネの誕生が初めてであり、まつろわぬ神への対応にも慣れていない日本の人間だからこその過剰な危機感の現れなのか、とも思っていたのですが、プリンセス・アリスによる予言となればそうではないでしょうし、エリカも何度となく口にするし。もしかするとアテナとの対決は原作以上の規模になったりするんでしょうかね。本当にそうならば、次の見せ場として期待の高まるところ。

バトルシーンはまだかなり物足りなさがありますが、これも前回の護堂対エリカ戦のように、エリカが全力を出そうがアテナにとっては軽くあしらえるレベルということで、まだ盛り上がりを期待しても仕方ないところですよね。

甘粕さんが地味にではなくしっかり活躍してる……だと……!? 隙を突いたとはいえ、あのリリアナをああも簡単にあしらうとは、実はすご人だったんだな……。いや、知ってはいたんですよ。知ってはいたんですが、どうにも地味で忘れがちになってるというか。さすがは忍びの術を受け継ぐ男、記憶からも容易くその本性を隠しおるわ、などという意味不明な言い訳を(ry

裕理とリリアナが知りあいである理由は、後の回に語られるであろうということで。エリカがリリアナの来日を知っていたのはおそらく、学校では護堂とイチャイチャしてる裏で、放課後に情報収集などしてたからでしょう。前回、護堂がエリカと帰らず裕理と一緒に帰ったりできたのも、たぶんそちらを優先させていたという事情があったからでしょうね。言い寄るときは護堂がたじたじになるくらいしてみせながらも、不測の事態に陥らないような対策を取っておくことも忘れない。自然とハーレムの主宰の座に納まるだけのことはある女なのですよ。

エリカとのキスシーン。その直前からの二人の会話がいい雰囲気ですなあ。そうですとも、1巻からいきなりヒロインといい雰囲気になってるのがこの作品を他のラノベとは違うと気に入ったポイントでもあったんですよ。この、既に護堂さえその気になればすぐにでも結ばれて他のヒロインが入ってくる余地がなくなるであろう程の信頼関係。護堂の方でもぶつくさ言いながらも満更でもない感じが出てて、すごくいいですわ。「いつも通りでいい」の言葉が実に意味深ですな。いやもう、堪能させてもらいました。エリカ派のワタクシ大満足。まあ、これだけエリカといい雰囲気になっておきながらもうちょっとと保留してる間にハーレムな道を進んでいってしまうのが護堂さんなんですが。

今回エリカがセリフの中で説明したアテナの知識は一部分のみで、あれだけ聞いてると口頭で十分なのでは、と思うかもしれませんが、実際にあの黄金の剣を生みだす「戦士」の権能を発動させるには、世界史的な知識やその神話が発生した背景、またある神話は他の神話を取り込んで発展していることがほとんどなのでその取り込んできた神々の情報についてなどの幅広い知識が要求されるんですよ。狭い知識でも発動できないことはないですが、知識が網羅的であればあるほどに強力となる権能なので、あの程度じゃそれほど役に立たんのですよ。なので、一夜漬け的にパッと覚えてサッと忘れる効能であろうとも、一度に大量の知識を伝えられる「教授」の魔術、つまりあのキスが必要になってくるのです。一応、カンピオーネは体の外からかけられる魔術には回復魔術であろうと、神の魔術であろうと効かないほどに高い対魔術属性を有しており、魔術をかけるのならば体の内側からしか効果がないということになっています。とはいえ、この設定だとどう解釈してもそのやり方がキスである必要はないんですが、「そこはヒロインたちの間で「キスじゃなきゃダメ」という約束になっていると思えばかわいくていいんじゃないか」という趣旨の書き込みをどこかで見て、お約束って大事ですよねーと思った次第。

あと、細かいところで気になったのは、「ゴルゴネイオン」の発音って「ゴルゴネ・イオン」なんでしょうかね。「ゴルゴ・ネイオン」だと思っていたんですが。


という感じで。次回はとうとうアテナとの戦い。熱い中二バトルに期待したいところです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。