2012年06月13日

クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門

クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門 (ファミ通文庫) [文庫] / 石川博...
クズがみるみるそれなりになる「カマタリさん式」モテ入門 (ファミ通文庫) [文庫] / 石川博品 (著); 一真 (イラスト); エンターブレイン (刊)

根暗な野郎がみるみる「普通」のリア充に変貌を遂げていくのっていいですね。序盤のキモさはかなりきついものがありましたが。

きっかけはアレでしたが、あのコと仲良くなりたいという気持ちから色々チャレンジして変わってく男の子の姿を見てると、上手くいってほしいなぁと思うし、応援してあげたくなりますね。カマタリさんの助力に負うところが大きすぎるきらいはありますが。でも、根暗な高校生活とそれなりなの間の溝って、大きそうに思えてもその気になれば結構ひょいひょいっと越えてしまえたりするものなんだよというようなことが伝わってくるいい話でした。

どうでもいいことですが、教室で寝たふりしてないで周りに目を向けるのって大事ですよね。自らの内に籠るのがオタク気質だとは思いますが、人を好きになることはまずその人について知ることから始まると思いますので。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。