2011年10月15日

月の影 影の海(下)  十二国記

月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート) [文庫] / 小野 不由美 ...
月の影 影の海〈下〉 十二国記 (講談社X文庫―ホワイトハート) [文庫] / 小野 不由美 (著); 山田 章博 (イラスト); 講談社 (刊) bk1はこちら

上巻がひたすら暗い話だったからどうなっちゃうんだろうと思っていたら。全部ラストへの布石だったわけか。とんでもなく丁寧なつくりだなあ。でも、だからこそラストシーンでの盛り上がりもとんでもなかった。盛り上げるだけ盛り上げたまま、余韻も残さぬほどの勢いで駆け抜けていく終盤は震えがきそうな素晴らしさでしたよ。

突然見知らぬ世界に送られて、妖魔に襲われ人に裏切られ、心身ともにボロボロになっていく過程をひたすら描かれるというのはきつかったですね。なんでこんな理不尽な目に合っているんだろうと、目を背けたくなってくる。けど、それはそもそも異界には異界の掟があったということだ。現代日本に生きる我々の目には理不尽と映っても異界の住人にとってはそれが常識なのだ。暗い話が続いた上巻には、一つにはそういう理由があったのかなあ。いきなりそういうものだと言われてもしっくりこなかったと思うし、実例をいくつも見せられた上でそう言われれば腑に落ちるというもの。また二つ目には、というよりこれが一番の目的なのかもしれないけど、一介の学生に過ぎなかったよう子が立派な君主になるための試練という意味合いもあったのかな。身も心も傷つけながらの旅の途中、貧窮にあえぐ国民の姿を目の当たりにし、他人を犠牲にしても生きようとする自らの性根の醜さに嫌悪を抱き、また道を失った王の醜行を幻視しその苛酷さにおののきもした。そんな陽子だからこそ、悩みに悩んで下した決断を今後なまなかなことで見失うことはないだろうと信じられるというもの。

クライマックスは最後の最後だったと思いますね。あの歴史書の一節を抜き出してきたような淡々とした文章。盛り上がりに盛り上がってきたところであれを持って来られたらもうたまりませんでしたね。それまで読んでいたものが史書の詳註だったのかと思えて、歴史好きとしてはため息しか出てきませなんだ。

それにしても初版が1992年であるせいか、普通のファンタジー小説っぽい雰囲気を感じましたね。この頃はまだライトノベルという言葉も生まれたか生まれてないかくらいなんですっけ。挿絵をとっても特に楽俊は一般のファンタジー小説としか思えないくらい。これほど古い作品を読んだのは初めてでしたが、かえって新鮮に思えたり。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。