2011年10月15日

ましろ色シンフォニー 第2話「きょぜつ色のクッキング」

なにこのアニメ、めっちゃ男子が可愛いんですが。特に主人公であるところの新吾は、学校の統合に反対する愛理の存在で気まずくなりがちな空気をなんとかしようとあれこれ思い悩んでる姿がいかにもヒロインっぽく見えるんですよね。しかも家ではいいお兄さんをやってるものだから気配りも上手でそつがないんだよなあ。ここまでよくできた主人公というのは珍しい気がしますが、見てて非常に好感が持てますね。そんな彼だからうまくいかないこと続きな前半は一体どうしてしまったんだろうとも思えましたが、普段通りに振る舞いさえすれば調理実習の場面みたいにピリピリしがちな空気を和ませるなんてお手のものですよね。それに彼以外の男子達もそういういい感じの空気を読むのは上手いみたいで、新吾をお手本にしてみることで元の同じ学校の女子からも白い目で見られかけてた状況から自然と結女の生徒たちにまで混じれるようになっちゃうんだよなあ。いい奴ばかりだよ、この男子たちは。彼らに触発されて料理は作りすぎちゃうわけだけど、それを責任もって大盛りに食いまくってダウンしてる姿は最高に可愛かった。もうどのヒロインよりも男子たちが可愛く見えて仕方ないんですが、彼らのルートはありませんか?

と、そんな感じで全部うまくいってるように見えたんだけど、そうだった。愛理が統合を拒む理由は明かされてないからわからないけど、少なくとも男子と女子が上手くいけることが分かったからと反対を取りやめるくらいなら本人たちの前で堂々とそれを言い放ったりはしないか。それにそもそも前半での新吾の空回りっぷりが彼女を意識してだったせいかことごとく印象悪化に拍車をかけてたからなー。なかなかに手強い相手になりそうだ。けど新吾はあれほどいい奴なわけだし、時間をかければ誤解が解けないはずはないと思うんですけどね。

そして今回出番のほとんどなかった妹が次回予告の場をもらい……って、栗ご飯はしばらく勘弁してあげて!w
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。