2011年07月11日

一言感想

あっさりめに感想を書いていたら一記事にするには短すぎるものが出来上がってしまったのでいくつかまとめて放出してみんとす。


ハーレムキャッスル (二次元ドリーム文庫) [文庫] / 竹内 けん, Hiviki N (著...
ハーレムキャッスル (二次元ドリーム文庫) [文庫] / 竹内 けん, Hiviki N (著); キルタイムコミュニケーション (刊) bk1はこちら

初・二次元ドリーム文庫。最近エロが不足していたような気がしたので。いやぁ、うん、エロかったですね。ストーリーはもともと期待してませんでしたが、まあそんなものということで。ルイーズさんのイラストにはたいへんムラムラさせられました。


あるいは現在進行形の黒歴史2 −紅バラの剣姫が俺の嫁?− (GA文庫) [文庫] / あわむら...
あるいは現在進行形の黒歴史2 −紅バラの剣姫が俺の嫁?− (GA文庫) [文庫] / あわむら 赤光 (著); refeia (イラスト); ソフトバンククリエイティブ (刊) bk1はこちら

妹の中二病成分が薄くなると、そこだけ楽しみにしてるのでつらい。なまじ主人公が妹の中二病に冷めた目線を向けてるだけに痛い子を見てるかのような雰囲気が鼻についてしまうんですよね。幼馴染が登場したにもかかわらずほとんど話に絡んでこなかったのも惜しい。


Xの魔王3 (MF文庫J) [文庫] / 伊都工平 (著); 万国あゆや (イラスト); メデ...
Xの魔王3 (MF文庫J) [文庫] / 伊都工平 (著); 万国あゆや (イラスト); メディアファクトリー (刊) bk1はこちら

3巻にしてようやくシリーズの方向性が見えてきた気がします。が、そうしてみると必要以上の回り道をしているように思えなくもなかったり。あとがきにて書かれていることの影響か、どうもアホなノリの前半と真面目なテーマの後半で内容がちぐはぐな印象も受けるんですよね。前半で政治のことで魔王には到底かなわないと思い知らされてたカルセが後半では悟ったような態度で魔王の覚悟を試したりとか、これは本当に同じキャラなのかと。やりたいことは後半の方に凝集されてたようですし、そもそも前半って必要だったのかな。誤解や擦れ違いなどから魔王と王女と勇者の三角関係は混迷度を深めたみたいですが……。テーマはすごく真面目で興味深いだけになんというかすごく惜しいですね。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 06:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。