2011年07月03日

ダークロード 2  戦陣の姫君

ダークロード 2.戦陣の姫君 (富士見ファンタジア文庫) [文庫] / 十月 ユウ (著);...
ダークロード  2.戦陣の姫君 (富士見ファンタジア文庫) [文庫] / 十月 ユウ (著); いっせー (イラスト); 富士見書房 (刊) bk1はこちら

シリーズ2巻。王の末子プリエラと協力することにしたルイヤの治める黒宵街に鼻つまみ者の貴族の兄妹が姿を現す。手段を選ばずプリエラに接近してくる彼らを鬱陶しく感じるるルイヤだが、その背後には相当な大物が控えているようで――という感じのお話。

これは……w 半分冗談でもっとエロいシーン来いと期待してたらまじで官能的なのが来ちゃった。富士見ファンタジア的にはこれ無問題なのか。なんかこのレーベルに新たな期待が持てそうな気がしてきたんですが、それでいいのかファンタジア。というか、ルイヤも口では琉妃のこと性欲処理の道具としか言わないんだけど、これもう扱いが普通に愛妾ですやん。エリザとの夫婦仲を惚気ようとする京夜の前で先手打って惚気たりとか、「お前ら爆発しろ」レベル。けれどもここまで親密になるまでには、まだまだ語られてないエピソードがあるんでしょうね。追々明かされてくのでしょうか。そういえばプリエラもなんだかんだとルイヤにちょっかいかけてたけど、琉妃のあのズドンッ!っていう雰囲気の前ではあのチンチクリン具合じゃ最初から勝負になってないというかなんというか。

それはともかくストーリー的には第二の王族が出てきたりしてようやく動き出してきた感じ。けどこの人からはそれほど大物っぽさが感じられないんですよね。絶対に王位継承争いに勝ち抜いてやるっていう意志に乏しければ、なりふり構わないほど狡猾になれそうな気もしない。なんというか小ボス的な? 王位継承争いのルールとしても相手を殺す必要はないように思えましたし、あれよあれよと敵対方向で話は進んでいったものの、プリエラ陣営に加えて後から欲しいものだけ与えるのでもOKじゃないかな。まあプリエラ自身もこの戦いに臨む覚悟ができてなかったわけですし、仕切り直しの意味も込めてるんでしょうか。とにもかくにも、それなりの長編シリーズになりそうな展開なのでじっくり楽しませてもらいますということで。

そしてルイヤさんのSっぷりは相変わらずぱねぇ。京夜も思わず敬語使っちゃったりとかなにあれこわい。「エクストリーム・ドSモード」恐るべしとなるわけですが、今回はそのSっ気以上にその外道ぶりが光った印象。相手を完膚なきまでコケにしてコケにし尽した上で倒すという、清々しいほどのやりたい放題。おちょくるなんて可愛げのある仕打ちじゃないですよ、あれは。そもそも対等に相手をしてやってる気なんて微塵もない。見下して、蔑んで、嘲笑って、叩き潰す。いやぁこわい。美化されてるところもあるんでしょうけど、先代に対する思い入れっていうのはやっぱり相当なものなんですね。しかし虐げられるだけだったかつての少年も今やそんな思い出の人がいて、気軽に軽口叩ける京夜がいて、自分の身を心配してくれる琉妃がいてと、かなりの果報者とも思えたり。受け継がれる意志が示すは茨の道なれど、果たしてどんな結末が待ち受けているのやら。次回、いよいよ幕を開けることとなる戦いが楽しみです。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 04:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。