2011年05月28日

夜魔 ―奇―

夜魔―奇 (電撃文庫) [文庫] / 甲田 学人 (著); 三日月 かける (イラスト); ア...
夜魔―奇 (電撃文庫) [文庫] / 甲田 学人 (著); 三日月 かける (イラスト); アスキーメディアワークス (刊) bk1はこちら

『Missing』シリーズの外伝? 魔人・神野陰之と魔女・十叶詠子が紡ぐ奇怪な話の数々を集めた短編集。

『Missing』を読むなら先にこちらを読んでおくといいと聞いたので挑戦。

怪談というものは個人的にそれほど興味のない分野ではあったんですが、これはなかなかにすごかったです。こういう話はどれだけ話に没入できるかが楽しめるか否かの分かれ目なので割と人は選ぶと思うんですよね。作者のいうところの違和感を感じ取るとっかかりとなる経験がなければ、まるで心に響いてこない退屈な話になってしまうので。けど、一度その違和感に心掴まれてしまうととんでもない恐怖が待ち受けている。たぶん中高生の頃に読んでたらトラウマになってたんじゃないかと思う。今はちょっと冷めた読み方になってしまうのですが、それがかえってありがたくもあったり。

「薄刃奇譚」はリストカットの描写がすごかったですね。そんな経験はないので痛みは想像しようもないはずなんですが、ぼかすことなく丁寧に描写してくれるおかげでその痛みがこちらにも伝わってくることといったら。きっついわ、これ。しかもその後いじめっ子たちにどこまでも恨みがつきまとうというのが凄まじい。一度きりの仕返しで終わらせず死ぬまでご一緒させてもらいますって感じの執念深さはまさに怪談ですね。

「魂蟲奇譚」は個人的な虫嫌いとも相まってめちゃくちゃ怖かった。読んでるだけで嫌な汗流れてきたんですが。生きてる人の体内から虫がこっち見てこんにちはってもう想像しただけであまりのおぞましさに気分が悪くなってくる。“蟲袋”に触られる感触まで細かく描写するのはやめてえええ。精神力がガリガリ削られましたよ。ただ、最後はなかなかにファンタジックな終わり方でよかったです。ビジュアル的にはどう誤魔化そうとしても虫なのがアレですけど。

「桜下奇譚」も美しい桜の風景とそれに纏わる奇怪な現象との幻想的な対比は綺麗だなと思いましたが、怪談としてそれほど響いてこず。

「現魔女奇譚」は普通にファンタジーっぽかったですね。怖い話で疲れきってたところに最後、こういう優しい話で締めてくれるというのは、怪談耐性があまりないだけに助かりました。

メディアワークスの方から出てる「怪」の方にも挑戦しようと思っているのですが、こちらはより怪談性が強いそうなので、相当な覚悟を決めてかからねばなりませんね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 06:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック