2011年05月22日

剣の女王と烙印の仔 Y

剣の女王と烙印の仔Y (MF文庫J) [文庫] / 杉井 光 (著); 夕仁 (イラスト); ...
剣の女王と烙印の仔Y (MF文庫J) [文庫] / 杉井 光 (著); 夕仁 (イラスト); メディアファクトリー (刊) bk1はこちら
大陸は戦乱に包まれた。「――蹂躙せよ!」突如として開始された冬の国アンゴーラ帝国から聖都への侵攻。そしてサンカリヨンでは、パオラ率いる銀卵騎士団と強敵・王配候ルキウスの激戦が始まった。しかし、いまだ心が離れたままのミネルヴァとクリスの思いは繋がらない。一方、教会を統べる次期総主教選挙に向かったフランチェスカは、“刻印の謎”の深淵に迫り、自らの覇道をゆく決意をする。「あたくしの戦いはもう、将のものではない」「どうして離れるんだ」「ミネルヴァのためにも」杉井光が贈るファンタジー巨編、運命に翻弄される少年少女に激動の時が迫る!

もうこのシリーズは合わなくなってしまったのかも。あらすじにも激動の時、とかありますけど、全然盛り上がりが感じられなかった。ここまで幾多の危機を乗り越えてきながら主要な登場人物がまるで成長してないというところになんだかなと思ってしまいます。

その最たるものがクリスとミネルヴァ。お互いくっついたり突き放したりを何度繰り返せば気が済むんだろう。しかもそれは全部、他者によって無理やり引き剥がされるのではなくヘタレて自分たちから離れていこうとするもの。悲劇の主人公面して、そういう立場に酔いしれるのが好きですねと。いつもそばにいたいと、誰にも渡したくないと、そこまで覚悟決めてれば悩むことなんてないはずなのに。いつまで同じようなことでうじうじするのか。見てらんない。

フランチェスカは、あらすじからしてあれ?って思ったんですよね。「自らの覇道をゆく決意をする」って3,4巻の展開はなかったことにされたんですかと。というか、覇道はフランチェスカには無理だってことがはっきりしてたはずですよね。背伸びしたって届かない壁の縁にジャンプして手をかけても、這い上がるだけの力がなければそのうち堪えきれなくなって落ちるだけだとなぜわからないのかと。それが証拠に次期総主教選挙にて死者たちに襲われたときに生半可な覚悟の仮面はあっさりと崩れ去って、みっともないほど慌てふためいてるし。「これほどの憎悪と怨念を集めていたのか」というセリフもいまさら過ぎるしなあ。そんな覚悟すらできてないのに覇道を唱えるなんてちゃんちゃらおかしい。身の丈に合わないことをしようとして無理が出てるのが明らか。身のほど知らず。

ジュリオは捨て身の覚悟で突き進みだしたようにも見えるけど、これも自分で考えることを放棄してるのが明らか。格上の敵との戦いで自棄になっても身を滅ぼすだけなのに。まあその程度だからシルヴィアを苦境から救う手段としても一時的な逃避しか思いつけなかったんだろうけど。所詮は剣技だけの男か。

一番腹が立つのが公国軍の王や将たち。フランチェスカの代理を務めるパオラに不信と非難を浴びせかける兵卒たちをなだめるどころかその先鋒に立って追い詰めてたくせに、一度成功したら、やれお前には才能があるだのなんだのおべんちゃらを使って媚びを売り始めるから反吐が出る。まあこいつらの根性は、挫けかけたパオラに八つ当たりしだした時点で腐りきってるとわかってましたけど。彼らにはこれっぽっちも将兵の命を預かるものとしての責任感が感じ取れないんですよね。危機にあってさえ自分の責任を丸投げして、どうにかしろとか喚きたてるとか無能ここに極まれり。これまでゲームのNPCみたいにまるで役に立ってなかったので何かの役割を果たすことはないと思ってましたけど、指揮官の足を引っ張るという仕事はあったんですね。まあ今回も戦争なんてなくて、烙印の力に頼りきった異能バトルでしたし。存在意義がわからない。

チート級のカーラ先生に対抗するべくか、クリスに宿るオルクスの力もだんだんチート級になってきた感が。これまで倒してきた烙印持ちの存在意義が霞んでいく…。まあ突然に転機を迎えたということは、そろそろ話をまとめにかかったということでしょうかね。けどこのシリーズもそろそろ見きりどきかも。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。