2011年04月16日

真月譚 月姫 @

真月譚月姫 1 (電撃コミックス) [コミック] / 佐々木少年, TYPE-MOON (著)...
真月譚月姫 1 (電撃コミックス) [コミック] / 佐々木少年, TYPE-MOON (著); アスキー・メディアワークス (刊) bk1はこちら

軽い知識ぐらいはあったものの原作は未プレイ。興味はあったのですがきっかけもなかったところに漫画版が完結したと知り、どうも評判もよろしいみたいなので読みだしてみました。

今回はまだ闘いと言えるほどのものもなかったのでストーリー的にはそれほど書くべきこともなかったように思いますが、一点だけ。「直死の魔眼」という絶大な能力を、望んだわけでもないのに手に入れてしまった少年・遠野志貴。忌み嫌っていたこの能力に対して魔法使いに言われた折り合いをつけていくしかないという言葉がとても印象に残りました。志貴本人にとっては不要だし気味の悪い能力でしかないわけだけど、自らの能力に対する嫌悪感は自己の否定にも繋がる。そうして自棄になりかけたていた時の魔法使いとの出会いと与えられたその言葉が危うい状態にあった志貴の心理をすんでのところで平衡に保たせ、その延長に今の平凡な学生としての志貴があるんだろうなあ。そういう意味ではもうこの少年は一度救われているんですよね。けれど、能力の暴走ゆえか変な方向に覚醒しかけてしまったことで、志貴は再び自分というものを見失いかけている。しかも今度は吸血鬼という非日常な存在すら絡んだ血生臭い環境の下で、ですよ。命懸けの環境から受ける影響というものは心の奥底にまで作用するものであり、そこから与えられる恩恵はその後の半生すら左右するものになったりもするでしょう。この物語は、おそらくは志貴が揺るぎない心の平衡を得るための通過儀礼。つまり、この物語を通して志貴は二度目の、そして真の救いを得ることになるのでしょう。志貴は一体どんな折り合いの付け方をするのか。じっくり楽しんでいきたいですね。
posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。