2011年04月04日

星刻の竜騎士

星刻の竜騎士(ドラグナー) (MF文庫J) [文庫] / 瑞智 士記 (著); 〆鯖コハダ (...
星刻の竜騎士(ドラグナー) (MF文庫J) [文庫] / 瑞智 士記 (著); 〆鯖コハダ (イラスト); メディアファクトリー (刊) bk1はこちら

アッシュはアンサリヴァン騎竜学院の生徒でありながらただ一人パートナーの竜がいない少年。だが、代わりのようにパートナー以外乗りこなせないはずの竜を軽々と乗りこなすことができた。そんなアッシュにもついにパートナーとなる竜が誕生する時が来る。ところが、その竜はなぜか少女の外見をしていて――という感じのお話。

あれ、瑞智士記さんってこんないかにもMFチックなラブコメを書く人でしたっけ? 一迅社文庫の方の作品みたいなイメージが強いんですが、それほど読んでるわけでもないので思い込みだけで語るのはよくないですね。

けど、んー・・・、挿絵が無駄にエロいんですが・・・。女性キャラのふくよかな体つきとかはいかにもエロゲ出身の絵師さんだなという感じ。そして触手。あらすじからそんなものが出てくる話とは全く思えないだけにカラーページでいきなりそんなイラストがあってビックリしてしまったんですが。文章の方でも服が破ける描写とか、なんでそんなところに力が入ってるんだろうとか思ったり。まあMFならしょうがないと言っておけばいいのでしょうか。

ハーレム展開になるかと思いきや、ここまでのところほぼ王女様一択みたいな展開になってるのは意外でもあり嬉しくもあり。というより、ここまで過去数度にわたって無意識のうちにフラグ建てまくっておいてシルヴィア以外を選ぶ展開が想像できない。もう御膳立てされすぎてて、あとひと押しでもすればコロッと落ちてしまいそうな状態ですよ。初登場時は仲悪そうな素振りを見せていたのが嘘のようなテンプレ的ツンデレ娘じゃないですか。その気になれば次回2巻にしてすでに並みいるヒロインを脇に追いやってルート入り可能な状態ですよ。ここまでくるとむしろ選ばれなきゃ不憫なレベル。エーコやレベッカは今のところとても相手になるようには思えないし。決定的な過去をアッシュが忘れているのがネックと言えばネックですけど、今のところライバルらしいライバルもいないので期待をかけてみます。

アッシュはかわいいイラストに騙されてましたが、性格やら言動やらは全然かわいくないですよ。逆にその生意気さがかわいいと思ってる私も一部にはいるみたいですが、待つんだそれは属性ショタの特殊効果に過ぎない。

背景の世界では機械兵器と竜騎士がぶつかる戦争も起きてるみたいだし、徐々にそっちの方との関わりも出てくるとさらに面白くなりそうな予感。


posted by 青山尚之(あおやまたかゆき) at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。